海外ホテルをできるだけ安く!お得に!予約する方法

ホテル比較

旅をする上で欠かせないのが、宿泊先の確保です。

航空券と共に、旅費の総額に大きな大きな影響を及ぼしますので、ホテルの値段をできるだけ抑えたい!と思う旅人も多いでしょう。

そこで本記事では、海外ホテルを少しでも安く予約するテクニックを紹介します!

 

ホテルの値段はどこでも似たり寄ったり

ホテルを検索していると、同じホテルが多数の予約サイトに掲載されているケースが多々あるかと思います。

気になるお値段(笑)に関してですが、大半のホテルはどこのサイトで予約しようが、基本的にほぼ同じ値段です。1円も違わずに同じ値段、というケースもあります。

どのサイトも最低価格保証をしている為、皆似たような値段になるというわけです。

エクスペディア最低価格保証

しかし、その「最低価格」というのは、各社が発行するクーポン、ポイントシステム、セール等の割引条件を反映していません。

なので、割引額を加味した価格を計算して比較すれば、最も安い価格でホテルを予約できますよね!

 

各ホテル予約サイトの特典比較

ここ数年の間でホテル予約サイトの数が格段に増えたこともあり、どこの企業も様々な特典を用意し、客集めに必死になっています。

数多くあるホテル予約サイトで、有名どころの大手3つで、特典を検証してみたいと思います。

 

どのユーザーにも一律でお得なExpedia

クーポン・ポイント等の、お得な割引制度が最も充実しているのはExpediaです。

現時点で最も良い還元率のクーポンは「9%割引」で、以下の銘柄のクレジットカードでホテル代金を事前決済する、ということを条件に即入手できます。

初回から使えるので、初心者さんにもオイシイ♡笑

のURLをクリックすると、ページの一番上に、各クレジットカードの銘柄の(赤枠の部分)が表示されます。

(※読みこみに多少時間がかかります)

▼アメリカン・エキスプレスの場合はこんな感じです。ExpediaクーポンAMEX適用

ここからホテルを検索し、決済画面で、緑色の部分のクーポンコードをコピー&ペーストすればOK!カンタンです。

ExpediaクーポンAMEX適応
補足

基本的には、地域・値段にかかわらず、事前決済ができるすべてのホテルで適用可です。しかし、稀に対象外のホテルもあります。

クーポンが使えないホテル一覧

他にも、

  • レビュー・クーポン (宿泊ホテルのレビューを書くと貰える)
  • メールマガジン・クーポン (登録をしておけば定期的に配布)
  • Expediaポイント (予約金額の約1%がポイントとして還元)

…等々、種類豊富すぎて挙げていくとキリが無いのですが、

これらは2回目以降の予約でしか使えなかったり、期間が限定されていたりするので、いつでも誰でも!となると、クレジットカード特典が最も使いやすいかと思います。

(※もちろん、該当銘柄のクレジットカードを保有していることが前提ですが)

出発日がだいぶ先で予約を急がない人は、ExpediaのLINEとお友達になっておくと、限定クーポンが定期的に貰えるのでオススメです。

ExpediaのLINE公式アカウント

▼こんな感じでクーポンが届きます

ExpediaクーポンLINE

 

近年、積極的にクーポン配布し始めたAgoda

昔はクーポン制度はほぼ無かったのですが、近年Expediaと対抗(?)し始めたのか、積極的にクーポンを配布するようになりました。

agodaには、2種類のクーポンがあります。

  • 地域限定のクーポン
  • メルマガ等で配信されるクーポン

 

地域限定のクーポン

Agodaの公式サイトで即入手でき、特定の地域で使えます。

クーポンコードをコピーして予約フォームに貼りつける(ひと手間かける)タイプと、自動で適用されるタイプがあります。

Agodaクーポン地域限定

地域限定クーポンを利用してAgodaのホテルを予約する

 

メルマガ等で配信されるクーポン

メールマガジンの他に、SNS(Facebook等)でも配信されています。(数ヶ月に一回くらいの頻度)

▼AgodaのFacebookページ例

AgodaクーポンFecebook
現時点でのクーポンはコチラ

クーポンコードagodaexpo (プロモーションコードの欄にコードを入力)

利用期間:2017年12月21日まで

クーポンを利用してAgodaのホテルを予約する(※クーポン適用はこのリンクから)

補足

すべてのホテルで使えるわけではありません。対象ホテルには、このように「プロモーション対象」と表示されています。

Agodaクーポンメルマガ

また、Expediaと同じく、Agodaにもポイントシステム(リワードポイント)があり、予約金額の約4%~7%がポイントとして還元されます。

さらに、宿泊後にレビューを書くと500ポイントが加算されます。

しかし、最小換金可能ポイント数が12,500ポイント(25ドル分の換金額に相当)なので、私はまだポイントを使えたことがありません。

 

リピーターに手厚いBooking.com

ExpediaやAgodaとは異なり、Booking.comにはそのようなクーポンが無いので、クーポン利用で価格負けする事が多いです。

また、ポイントシステムもありません。

ですが、Booking.comには「Gunius(ジーニアス)会員」という制度があり、一部の対象ホテルが10%OFFになるのです。

ホテルを5回予約すれば、自動的にGuniusにランクアップします。

また、価格面だけではなく、Gunius会員は様々な場面で一般ユーザーよりも高待遇です。

  • アーリーチェックイン・レイトチェックアウト
  • ウェルカムドリンク
  • 駐車場無料
  • 専用のカスタマーサービス (※ヘビーユーザーのみ)
Booking.comジーニアス会員

かくいう私もGunius会員なのですが、Booking.comは、リピーターやヘビーユーザーをすごく大切にしている感があって、好印象ですね。

Gunius会員の詳細はこちら (公式HP)

 

私のつぶやき

ここまで書いてきたように、海外ホテルを少しでも安く予約するためには、各予約サイトの価格を調べて比較したり、クーポンを調べて適用させたりと、それなりの努力・手間が必要です。

私も、学生時代はお金が無かったので、数多くの予約サイトを調べまくってひたすら比較していたのですが、この作業、慣れるまではけっこう骨が折れるんです。

金額表示(税込or税抜)のルールも異なりますし、クーポンも多種類かつ適用条件も複雑なので、初心者でこれを理解しようと思うと、難易度高めです。

 

でも、よくよく考えてみれば、例えば、発展途上国などの物価が安い国で、仮に1泊3,000円の安宿に泊まるとすると、3,000円の10%って「300円」ですからね。

これを「たった300円か…」と捉えるか、「300円も差が出るのか!」と捉えるかは人それぞれかと思いますが、数百円程度の差にこだわるよりも、自分が使いやすいサイトで予約したほうが良い場合だってあります。

1つのサイトで全ての行程のホテルを予約すれば、予約管理も1つのシステム内で済みますよね。

ただでさえ、ホテルを選ぶだけでも時間がかかるというのに、その選んだホテルの価格比較でさらに時間がかかり、ストレスでイライラするのも勿体無いです。

結局面倒になって、使い慣れたサイトにおさまる人も多いかと思います。

私は、Booking.comの「レイアウト」や「機能面」が気に入っているので、大きな価格差でもない限りは、Booking.comを使っちゃいますね(笑)

使い易さ」も、サービスのうちの1つなのですから。