ハウルの動く城のモデルとなったフランスの可愛い街「コルマール」の歩き方

コルマール Colmar

今回は、フランスやドイツを旅行する方に、ぜひとも行って欲しいフランスの田舎町を紹介します。

本当にメルヘンで可愛いな町なので、女の子必見!

実際に訪れた私が、「コルマール」の可愛いスポットを集めてみました♡

 

コルマールへの行き方・アクセス情報

コルマールのあるフランス・アルザス地方は、フランスの最東端に位置するドイツとの国境の田舎町です。

2007年からTGV(フランス国鉄が運行する高速鉄道)が開通したことにより、パリなどの大都市からのアクセスが良くなりました。

フランス コルマールMAP

鉄道で、パリ(PARIS EST) から コルマール(COLMAR)へ

パリから直通のTGVもありますが、ストラスブール(STRASBOURG)でTGVまたはTERに乗換えが必要な場合もあります。

所要時間は、最短で2時間15分~最長で3時間半です。

補足

私は、スイスのチューリヒ空港から、バーゼルを経由してコルマールまで向かいました。

場所にもよりますが、距離的にはパリよりもむしろ、ドイツやスイスからの方が近いですね。

コルマール駅から市内へ

駅から市内中心部までは、徒歩で15分程度かかります。詳しくは、こちらの地図▼をご覧下さい。

コルマール 日本語版MAP

このMAPは、コルマールの観光案内所にて無料でもらえます。地図上の【 i 】の部分です。日本語版があるとは驚きです。

 

まずは運河沿いの小道を散策♪

定番中の定番!夏の時期は、運河沿いに色鮮やかなお花がたくさん咲き誇り、この街が最も観光客で賑わう季節です。

プティット・ベニス (Petite Venise)

ガイドブック等でよく見る、コルマールといえばここ!的な有名なスポットです。

この地方特有の木組みの建物が、パステルカラーに色づけされていて、さらに可愛らしさがUPしています♡

コルマール Colmar

「ベニス」という名前から、イタリアの水の都「ヴェネツィア」を彷彿とさせるような街並みです。(本家よりだいぶ規模は小さいですが。笑)

水路の規模と数はそれほど多くないですが、ボートに乗って運河巡りをすることができます。

コルマール Colmar

列に並んでボート待ちをする観光客たち。プティット・ベニスから運河沿いを南に歩いたら、船乗り場▼に辿り着きます。

コルマール Colmar

▼のどかな時が流れています

コルマール Colmar

運河沿いに植えられた本物の生花も美しいですが、川に浮かんでいる人工的な花のモチーフも可愛いです。

コルマール Colmar

 

可愛いレストランがたくさん♡

コルマールのレストランは、それぞれに「テーマ」があって可愛くて、見ていて飽きないです。さあ、貴方はどれを選ぶ?

Brasserie Des Tanneurs

プティット・ベニスから少し歩くと、「赤いハート」のモチーフに溢れた、可愛いすぎる建物を発見♡ 

ここの空間だけ、バレンタインデーが訪れたような雰囲気です。

コルマール Brasserie Des Tanneurs

こんな可愛いレストランとか、反則じゃありませんかっ?!(笑) あまりにも可愛すぎて、私含め、写真を撮りまくる観光客多数。

コルマール Brasserie Des Tanneurs

ちょうどお腹が空いていたので、完全に外観重視でこのレストランをチョイスしました(笑)

この外観(見た目)に釣られて入店する観光客は、私だけではないハズ…。内観は、可愛いというよりオシャレな感じでした。

コルマール Brasserie Des Tanneurs コルマール Brasserie Des Tanneurs

人通りの多い道路沿いにあるということもあり、ひっきりなしに客が出入りしていて、店内はすぐ満席になりました。

店員さんは大忙しで、呼んでもなかなか捉まらないことも多かったですが、皆笑顔で感じ良かったです。

 

Le Petit Tanneur

上記で紹介したレストランが面しているタナール通り(Rue des Tanneurs)沿いに、数十mほど歩くと、またもや可愛いレストランが!♡

コルマール Le Petit Tanneur

こちらは「スプーン」と「フォーク」のモチーフなんですね♡

ただ、せっかくの可愛い外観が、目の前に道路標識に邪魔されてる感が否めない…(笑)

コルマール Le Petit Tanneur

 

Le Stam

こちらはドミニカン教会(Eglise des Dominicains)の前にあるレストラン。木組みの周りに「ジョウロ」がたくさん飾られています♡

コルマール  Le Stam

▼おそらく本物のジョウロっぽいです。

コルマール  Le Stam

 

ギフトショップも可愛さ全開!

可愛いのはレストランだけじゃありません!お土産屋さんの可愛さも、それに劣らず♡

Au Vieux Pignon

この画像の左側のお店です。この店で売ってる“お土産”よりもはるかに、私が心奪われたのは、、、

コルマール Au Vieux Pignon

▼カラフルなハートで彩られた窓!可愛すぎる~♡

コルマール Au Vieux Pignon

窓際に植えられたピンクと赤の花と、すごくマッチしてますね!

2階より上は、民家?アパート?なのでしょうか…? 私もこんな可愛い家に住みたいよ~!!!

 

Fortwenger Spices Breads

上記で紹介したお土産屋さんが面しているマルシャン通り(Rue des Marchands)沿いに、数十mほど歩くと、青い外観のお菓子屋さんを発見♡

コルマール Fortwenger Spices Breads

中に入ってみると…もはや「カワイイ」のオンパレード!! これは、もったいなくて食べれないぱたーんですね(笑)

 

Le Village Hansi (Musee Hansi)

観光客に大人気のお土産屋さんです。この写真を撮影したのは早朝だったので人が居ませんが、日中は多くの団体ツアー客で賑わっていました。

コルマール LE VILLAGE HANSI

女心をくすぐる、可愛い小物がたくさん売っています。

商品の写真もたくさん撮ったのですが、カメラの誤操作で写真が消えてしまったので、これは行ってからのお楽しみということで(笑)

公式HPはコチラです>>Marché de l’Oncle Hansi

 

Au Marché de Riquewihr

お店の名前がこれ↑で合ってるのか謎なのですが…、ワインやジャム、パン等が売られているお店です。

フランスの民族衣装を着た女性&男性の看板が可愛いですね♡

コルマール Au Marché de Riquewihr

 

Waldvogel Chapellerie

こちらは帽子のお店です。ヨーロッパらしいオシャレなお店ですね!フランスのお上品なマダムに似合いそうなデザインです。

コルマール Waldvogel Chapellerie

ほかにも可愛いお店はたくさんあったのですが、紹介してるとキリがないので、このへんにしておきましょう(笑)

 

ジブリの世界観に溢れた場所

ここからは、日本が世界に誇る「ジブリ映画」に縁があるスポットを紹介します。

プフィスタの家 (Maison Pfister)

コルマールの中心部にある、2階部分の綺麗なフレスコ画が目を引く建物。

これといった先入観が無ければ、ふーん、綺麗だね~、という感じでスルーしてしまいがちな勢いですが、「とある理由」で観光客に有名な建物なんです。

コルマール Maison Pfister

これにそっくりな建物が、映画「ハウルの動く城」のワンシーンに出てくるんです。

上の方でハウルがソフィーと一緒に空を飛んでいますが、そのすぐ右側の建物ですよ~!!

コルマール ハウルの動く城

というか、完全に一致(笑)。気づいた人すごいな…!

私、ジブリ映画の中では一番ハウルが好きで、何度も映画見たことあるんですけど、言われなかったら絶対に気づかずスルーした自信あるヨ。

 

頭の家 (La Maison des Têtes)

111個の小さな顔の彫刻が施された、ちょっと奇抜な建物です。

コルマール La Maison des Têtes

たしかに、よくよく見てみると…人の顔がたくさん。なんか地味に怖い…(笑)

コルマール La Maison des Têtes

現在はホテル兼レストランになっていて、ジブリの映画製作スタッフが、ここに泊まっていったそう。

もちろん、一般観光客も泊まれますし、ホテル予約サイトにも掲載されています。

>>Booking.comでホテルをチェック

 

コルマールにも日本文化の風が?!

Konjaku

コルマールの可愛らしい街中に、しれ~っと建ってるこのお店。

Konjaku…こんじゃく…今昔…って、日本?!なんでフランスの田舎に日本的なお店が?!

コルマール Konjaku

▼おおおお、日本の伝統グッズがたくさん…

コルマール Konjaku

あれ、私って、たしかコルマールっていうフランスの街にいたハズなんだけどなぁ…いつのまにか秋葉原に来てしまったんだねぇ…(遠い目)

コルマール Konjaku

店員さんは日本人なのかなと思って中に入ったら、外人(フランス人?)でした。

私は英語もフランス語も話せないので、オーナーが何故このような場所にジャパニーズショップを開いたのか、理由を聞けぬまま幕を閉じましたとさ。

このブログを見てコルマールに行った語学力が堪能な方、ついでに聞いといてください。そして、私に教えてください(笑)

 

ここに来る前、旅人のブログやインスタの写真を見てる限り、私の中では「コルマール=最強に可愛い街」という認識で、もちろんそれは間違ってはいなかったのですが…。

意外とアジアンテイストな部分もあって、お隣のドイツ以外にも、いろんな文化が混ざってるんだなと感じました。

上記のジャパニーズショップもそうですが、例えばこのお店。一見、カラフルなお花に彩られた可愛らしい外観ですが…、

コルマール Colmar

▼近づいてよくよく見てみると…

コルマール Colmar

・・・?!え、大仏様がいる?なんで?

しかも、このお店1か所ではなく、別のお店でも大仏を見かけました。

コルマール Colmar

コルマールで大仏って流行ってるのか…?これも、英語とフランス語が話せない私は…(以下略)

可愛いだけじゃなく、コルマールは意外とネタになる街でした(笑)

 

* … * … * … * …*

 

フランスといえば「パリ」が有名&定番ですが、パリから少し足を伸ばしてみれば、こんなにも可愛い街に出会えますよ♡

まさに、女の子の「カワイイ」がギュッと詰まっています!

フランスには数多くの田舎町があり、私はそのすべてを訪れたわけではないですが、私が行った中で、コルマールはいちばんド・ストライクでした(笑)

クリスマスシーズンもかなり素敵だと聞くので、次はその時期に訪れたいですね♪

 

コルマールからバスで約30分、「フランスの最も美しい村」のひとつにも選ばれた「リクヴィル」もオススメです

ブドウ畑と城壁に囲まれた、フランスで最も美しい村「リクヴィル」の歩き方

2017.10.22