ウランバートルの宿、「フラワーホテル」に泊まってみました!

フラワーホテル

世界の宿情報(^o^)/

フラワーホテル(FLOWER HOTEL)

国:モンゴル

都市:ウランバートル

宿泊日:2015年12月、2016年1月

 

総合点 ★★★★☆

日本でいう中級ホテルといった感じ。

立地 ★★☆☆☆

中心部から離れているが、ツアーに参加していたので、立地の悪さは特に気にならず。チンギスハーン広場までは約2kmで頑張れば歩いていける。徒歩1分のところにスーパーがある。


清潔さ ★★★★☆

部屋内は綺麗に清掃されている。


アメニティー

バスタオル、フェイスタオル、使い捨てスリッパ、シャンプー、ジェル、歯ブラシ、歯磨き粉
ドライヤー、グラス、湯沸かし器、冷蔵庫、テレビ


温水シャワー ★★★★☆

私は熱々だったが、別の部屋の友人は、急にぬるま湯に変わることもあると言っていた。


シャワー水圧 ★★★☆☆

水量はあるが、シャーッと出るのではなく、ぼとぼとぼとっと落ちてくる感じ。


暖房 ★☆☆☆☆

ホテル内を一括で温めるという方式を取っているので、個々の部屋ごとに温度調節できないのが最大の不満。
パイプにお湯?をめぐらせて温めるという方式をとっており、とにかく部屋が暑い!!!
冬はマイナス20度と聞いていたので、半袖の服を持っていかなかったことを後悔。
 
こうなったら窓を開けてみよう!と思うも、大通りに面しているわけでもないのに、ウランバートルの空気は汚すぎて部屋の中が煙たくなる。
なので、暑いのを我慢するか煙たいのを我慢するかという究極の2択(笑) 
(※ちなみに私は煙たい方を選びました)


Wi-Fi ★★★☆☆

ロビーは常にサクサク。部屋に行くと弱くなる。


食事 ★★★☆☆

味はまあまあだが、品数は多い。日本人宿泊者のために海苔とか沢庵がある。ジュースやヨーグルトは常温保存でぬるすぎて飲む気が失せた。レストラン内のテレビでNHKが流れている。


スタッフの態度 ★★★☆☆

可もなく不可もなく。モンゴル唯一の日系ホテルであり、24時間常駐ではないが日本語のできるスタッフが多いので安心できる。
(※夜遅いと英語スタッフしかいない。)

 

 

外観

外観

ベッド

ベッド

角部屋だったからか、無駄に広い(3部屋もある)

角部屋だったからか、無駄に広い(3部屋もある)

部屋のテレビに徹子さんが…!!!

部屋のテレビに徹子さんが…!!!

バスルーム

バスルーム

レストラン

レストラン