メキシコのカラフルすぎるスラム街、パチューカのパルミタス地区をめぐる旅

パチューカ パルミタス

メキシコの“パチューカ”といえば、サッカーの本田選手が移籍した場所、というイメージをお持ちの方が多いかと思いますが、そこに虹色のスラム街があることをご存知ですか?

メキシコに行ったことがある人ですら、「そんな場所は聞いたことも無い」と、口を揃えて答えるほど知名度は低いのですが、私にとっては訪れた中で最も印象的な街となりました。

このスラム街に関して、ガイドブックには一切触れられておらず、情報収集に苦戦した経験から、実際に訪れた私にしか分からない生の情報をまとめてみました。

今後、パチューカのパルミタス地区を訪れる方の参考になれば幸いです。

 

なぜカラフル?アートの力で世界が変わる!

虹色のスラム街がある場所は「パルミタス地区(Palmitas)」と呼ばれ、パチューカの中でも貧困層が住む地域です。

ギャング同士の抗争、蔓延するドラッグ。暴力事件が多発し、外に出歩けないほどの治安の悪さに悩まされていました。

そんな街の治安を良くしたい!と、メキシコ政府が取った思いもよらぬ治安対策が、街全体をカラフルに染めるというもの。

この問題の改善ために、政府はストリートアート集団の「Germen Crew」に協力を依頼し、家々の壁一面を使った巨大なアート作品を作り上げたのです。

パチューカ パルミタス

どの家の壁画も一つで完結することはなく、上下左右の家同士が繋ぎ合わさるよう計画的に描かれていることが分かります。

▼見違えるように生まれ変わった街

パチューカ パルミタス

▼どこを見渡してもカラフルな色に囲まれています

パチューカ パルミタス

▼街の至る所に美しいストリートアート

パチューカ パルミタス

壁を塗る作業は住民たちと共同して行われ、隣人同士の交流が活発になったといいます。

さらに、対立していたギャングたちまでもが作業に加わるようになり、暴力事件は徐々に減少。

色の持つ力が住民たちの心を活性化させ、このプロジェクトは成功のうちに幕を閉じました。

* … * … * … * …*

ストリートアートが治安改善に有効であることを立証した地域は、このパミルタスだけに限らず、

リオデジャネイロのスラム街でも、街全体を巨大なキャンバスに見立てて壁画を描き、地域を活性化させ話題となりました。

今後も、この動きは世界中に広まっていくことでしょう。

 

パルミタス地区の治安は?

アートの力で治安が劇的に改善したパミルタス地区ですが、とはいえ、元々は住民ですら外に出歩けないほど危険なスラム街だった場所です。

旅行者としては、当然の如く「治安」が気になりますよね。

かくいう私自身も、行く前は相当ビビってました(汗)

 

ネットの情報はかなり限られてましたが、

  • 「エリア中には立ち入らない方がいい」
  • 「住民からの鋭い視線を感じた」

等々の否定的な書き込みも見られました。

しかしながら、こんなカラフルな階段を目の前にして、登らずにはいられません。

パチューカ パルミタス

思い切って中に入ってみましたが、結論、特に問題はありませんでした

地区内を歩いていると、アジア人が珍しいのか、住民の子供たちが遠巻きに私のことをつぶらな瞳で見つめてきます。

訪れたのが年末だったということもあり、おそらく学校が休みなのでしょうか。

私が手を振ると、顔を赤らめて手を振り返してくれました。

すると、その子供の親が家から出てきたので、一瞬ビクっとしましたが、親の表情も柔らかいものだったのでホッとしました。

 

あと、これは訪れて初めて知ったことなのですが、パルミタスは全く観光地化されていません

私の中では、巨大なストリートアートが「街おこし」となり、多くの観光客を引き寄せているのかと勝手に思い込んでいたのですが、観光客には1人も会いませんでした

街で見かけるのは住民の方々のみです。

施設に関しても、小さな売店はありますが、レストラン等は一切ありません。

 

つまり、(カラフルすぎることを除いて) ここはごくごく一般的な住宅街なのです。

▼道端には、住民のものと思われる車がずらり

パチューカ パルミタス

となると、よそ者である旅人に求められるのは、「極力、住民たちの方々の邪魔にならないように努める」こと。

絶景を目の前にして我慢できなくなり、私は数え切れないほどの写真を撮りましたが、

撮影中、前方に人が歩いてくるのを見かけたら、すぐに構えていたカメラを下し、にっこり笑って挨拶。

住民の方々には、一度もカメラを向けませんでした。

(ほんとは可愛い子供たちの写真を撮りたかったけど…ぐっと我慢。)

 

これが正解なのかは分かりませんが、

普通に人々が生活している場所なので、明らかに目立つような行動を控え、マナーを守って行動していれば、身の危険を感じることは無いのではと思います。

また、念のため訪れるのは明るい日中の時間帯にしましょう。

 

パルミタスの歩き方

ではでは、お待ちかねの(笑) パルミタスぶらり街歩きリポートをお伝えします。

私はこのようなルートで周りました。

パルミタス地図(歩き方) パルミタス(ルート)

(※「メイン山」「サブ山」は私が勝手に名付けたものです)

まず、パルミタスの入口(印の部分)から散策スタートです!

入口には、プロジェクトの概要を記した看板がありました。めっちゃ色褪せてるけど。笑

パチューカ パルミタス

メインストリートらしき道を進み、頂上を目指します。

パチューカ パルミタス

▼カラフルな風車の紙かざりがお出迎え

パチューカ パルミタス

▼上へ、上へと登ります

パチューカ パルミタス

そもそもパチューカは標高が高く、パミルタスはさらに高度が上がるので、ちょっと登っただけでもすぐ息が切れます。

写真を撮りながら時々立ち止まり、自然に休憩を入れ込みましょう。

 

カラフルなのはメインストリートだけじゃないので、途中、脇道に逸れまくります(笑)

パチューカ パルミタス パチューカ パルミタス パチューカ パルミタス

▼ストリートアートも完成度高すぎです!

パチューカ パルミタス パチューカ パルミタス

▼そんなこんなで、頂上が見えてきました。十字架の部分が丘のてっぺんです。

パチューカ パルミタス パチューカ パルミタス

頂上からの眺めがこちらです。ここまで頑張って登ってきて良かった~!

パチューカ パルミタス

これ、写真より実物のほうが相当なインパクトがあります。まわりをぐるっと360度、こんな感じの絶景なんです!

360度カメラで撮影

パチューカ パルミタス

▼パノラマで撮影

パチューカ パルミタス

大きなサッカー場が目立ってますね。あそこで本田選手が練習してたりするのかなー♪なんて想像したりします(笑)

▼頂上から見るお隣のサブ山

パチューカ パルミタス

頂上からの景色を満喫したところで、お次はサブ山に向かいます。

まだ作成途中の段階のような気もしますが、ここも相当なカラフルさです。

パチューカ パルミタス

▼お気に入りのジグザグ階段

パチューカ パルミタス

▼登っててこんなにも楽しくなる階段は、これが初めて。

パチューカ パルミタス

パミルタスは規模的にはそこまで大きくない割に、見どころ&フォトスポットが満載なので、あっという間に時間が過ぎていきます。

私は、メインとサブで2.3時間ほど散策してましたが、たくさん写真を撮っていたら全然時間が足りませんでした

もし次来るとしたら、(レストランが無いので)お弁当持参で丸々1日滞在したい気持ちです(笑)

 

パルミタスのビューポイント

パルミタスは、もちろんカラフルな街の中を散策するのも楽しいのですが、

少し離れた場所から街を眺めると、巨大なストリートアートの全体像が分かり、より感動度が増すかと思います。

実際に、様々な場所で試してみたのですが、個人的なべスポジを紹介します。

パルミタス地図(撮影ポイント)

パルミタスから少し離れた大道路に歩道橋がかかっており、そこからの眺めが最高でした。

パチューカ パルミタス

▼完全に絶景です!!!

パチューカ パルミタス

逆に、「目の前にあるデパートの駐車場」「パミルタスの入口」から撮影すると、距離が近すぎて微妙な感じになります。

▼デパートの駐車場からの眺め

パチューカ パルミタス

▼パルミタスの入口付近からの眺め

パチューカ パルミタス

これだと、流れる風の様なデザインが全く分かりません。

撮影の際は、パルミタスから距離をとってカメラを向けましょう!

 

パルミタスへの行き方・アクセス情報

カラフルすぎるスラム街までの道のりは、比較的容易です。

メキシコの首都であるメキシコシティから、バスで1時間半程度揺られれば到着します。

ですので、メキシコシティから日帰り or 半日観光も可能です。(※私は午後からの半日観光)

▼位置的には、有名なテオティワカン遺跡よりもさらに北にある感じです。

メキシコシティからパチューカ

ざっくりとルートを書き出すとこんな感じです。

  • メキシコシティ北方面バスターミナル

  ↓ 長距離バス:所要1時間半

  • パチューカ長距離バスターミナル

  ↓ 徒歩 or タクシー

  • パルミタス地区

 

メキシコシティからパチューカへ

出発地点は、メキシコシティー北方面バスターミナルです。

パチューカまでのバス運行会社
  • ADO (アデオ)
  • Flecha
  • Roja
  • Elite

 

毎時10~14本と、かなりの本数があるので、あらかじめ予約する必要も無いと思います。

私は行程上かなり弾丸旅だったので、いちいち4社の代金を比較している時間が無く、

行きは有名どころのADO帰りFlechaを利用しました。

2社とも片道106ペソ(約600円)で、サービスに大差は無かったので、正直どっちでもいいと思います(笑)

▼ADO社のチケット販売カウンター

ADO

▼支払いはクレジットカードも可

ADO

▼乗車前に、荷物チェック&ボディーチェックがあります

ADO

▼ADO社のイメージカラーである赤いバス

ADO

▼座席はふかふかで快適♪

ADO

走行中、車内では大音量でビデオが流れてました。(※メキシコのバスあるある)

日本を題材にしたアニメのようです。しかし、オールスペイン語なのでさっぱり分かりません。

ADO

▼途中、車窓からカラフルな街並みを見かけました

メキシコシティからパチューカ

▼街の名前は分かりませんが…第2のグアナファト?(笑)

メキシコシティからパチューカ

車窓からのカラフルな風景を楽しみたい方は、行き左側帰り右側の座席を選びましょう。

そんなこんなで、バスはほぼ定刻通りにパチューカのバスターミナルに到着!パチューカは終点です。

バスターミナルから遠目にパミルタス地区が見えるので、この時点でテンション上がります(笑)

パチューカバスターミナル

 

パチューカバスターミナルからパルミタスへ

パチューカの長距離バスターミナルからパミルタス地区までは、少々距離があります。

パルミタス地図(広域)

約1.5kmなので歩いていけないことも無いのですが、私は時間に余裕が無かったので、お金で解決しました(笑)

バスターミナルを出てすぐの場所にタクシーが何台も待機しているので問題無いです。

代金:40ペソ(約230円)

タクシーで向かう場合、歩道橋入口付近で降ろしてもらうのが良いと思います。

 

最後に

超弾丸での散策でしたが、カラフルな色に囲まれて、本当に本当に幸せでした…♡

晴れやかな気持ちで毎日を過ごせそうです。

色彩豊かな街は世界に数多く存在しますが、ここまでのレベルでカラフルな地域はかなり稀です。

私にとっては、メキシコで訪れた中で最も印象的な街となりました。

 

メキシコで「カラフルな街」といえば、圧倒的にグアナファトが有名かつ定番だと思いますが、パミルタスも負けてはいません。

メキシコシティから片道で約5時間もかかるグアナファトとは異なり、1.2時間足らずでサクッと行けてしまうアクセスの良さも魅力的です。

控え目に言って最高でした!(*´꒳`*)

 

パチューカとあわせて訪れたい!コロニアルシティのグアナファト

宝石箱をひっくり返したような街、メキシコ「グアナファト」の観光ポイントまとめ

2018.02.21

カンクン周辺にあるフォトジェニックな島、イスラムヘーレス

メキシコの美しい島「イスラムヘーレス」の、ガイドブックには載ってない"穴場"まとめ

2018.03.10

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です