シントラ&ロカ岬を1日で満喫♡よくばりモデルプラン

ロカ岬 Cabo da Roca

シントラに行く人のほとんどは、おそらくリスボンから日帰りでシントラを訪れるのではないでしょうか。

1泊以上する人はそれなりに時間の余裕があると思いますが、日帰りの場合はそういったわけにはいきません。

この町、意外と見どころが多いので、行きたい場所にすべて行けぬまま1日が終わってしまったらショックですよね?

 

そこで!

シントラとロカ岬を、効率良く周ることのできるモデルプランを大公開いたします!♡

実際、私はこのルートで観光してきましたので、実現可能かは立証済!(笑)

今後この地を訪れる方々の参考になれば幸いです。

 

本記事は旅のルート(モデルプラン)に特化して書いていますが、

シントラへの行き方、街歩きのポイント、循環バスの乗り方、時刻表の調べ方…等々、旅のHow toについて知りたい方は、こちらの関連記事をご覧ください▼

リスボンから日帰りプチ旅行♪「シントラ」&「ロカ岬」への行き方・街歩きのポイント

2017.10.11

 

 

まずはルートの概要をざっくりと

さて、まず始めに、このモデルプランのおおまかな概要を説明します。私はこんなルートでシントラとロカ岬を周りました。

[出発] リスボン 

 ↓鉄道

  • シントラ駅

 ↓徒歩

  • 王宮(シントラ宮殿) ※外観のみ

 ↓バス 434番

  • ペーナ宮殿

 ↓バス 434番

 ↓バス 435番

  • モンセラーテ宮殿

 ↓バス 435番

  • レガレイラ宮殿

 ↓バス 435番

 ↓バス 403番

  • ロカ岬

 ↓バス 403番

  • シントラ駅

 ↓鉄道

[到着] リスボン

▼各観光スポットの位置関係・循環バス路線図はこんな感じです

シントラ バス路線図

(※ムーアの城跡は行きませんでした)

 

このプランのポイント

開門と同時にペーナ宮殿へ入場

シントラで一番人気であろうペーナ宮殿は、ハイシーズンはかなり込み合います。入場券を買うだけでも長蛇の列なので、開門と同時に入場することをオススメします。

意外と穴場なモンセラーテ宮殿を訪問

某有名ガイドブック(笑)では1ミリも触れられて無い為、どこ?と思った人も多いはず。私も、有名インスタグラマーの写真を見て初めてその存在を知りました。知名度が低いからか、訪れる人があまりいないので、静かな宮殿内をゆっくり周ることができておすすめ。

最後のシメ(笑)にロカ岬

ロカ岬といえば、世界三大端っこ(ロカ岬、喜望峰、ウシュアイア)の1つで、ユーラシア大陸の最西端です。何となくシメにふさわしくないですか?!(笑)

私がシントラを訪れた日は、ポルトガル旅行の最終日でもあった為、絶対ここを最後にもってこようと決めていました。

本当は、ロカ岬から海に沈む夕日を眺めて「今回の旅行も楽しかったな~♡」なーんて回想しながら黄昏れたかったのですが!8月の日入りは20:30ですからね…。終バスに間に合うか微妙なラインですし、いったいリスボンに到着するのは何時になることやら…と思い諦めました(笑)

 

モデルプラン ~私の例~

ではでは、前置きが長くなってしまいましたが、私が実際に観光してきたルートを時系列で紹介いたします♪

(※参考までに、私は8月の日曜日にシントラを訪問しました)

7:30 リスボンのロシオ駅に到着

シントラ周遊パスを購入し、8:01の列車に乗り込みました。朝早いからか、ロシオ駅の切符売り場はガラガラ。余裕をもって行きすぎました(笑)

ロシオ駅

8:41 シントラ駅に到着

ペーナ宮殿の入場開始時刻(9:45)には早いので、王宮(シントラ宮殿)まで歩いて向かいます。8月のポルトガルは、日中は日本の夏と同じくらい暑いですが、朝と夜はかなり涼しいです。心地よいお散歩♪

▼市庁舎の前を通り…

シントラ市庁舎

▼市庁舎前にある、可愛い自転車の写真を撮ったり…

シントラ

あじさいが道端に咲いています。だいぶ終わりがけだったので、これが7月ならばもっと綺麗に満開だっただろうなぁ…。

シントラ sintra

9:00 王宮(シントラ宮殿)に到着

時間が無いので、ささっと外観のみ鑑賞しました。それにしても本当に良いお天気!

王宮(シントラ宮殿)

9:15 ペーナ宮殿行きのバスに乗車

403番バスは、始発にもかかわらず、人で溢れ返っていて驚きました。始発(シントラ駅)から乗車する人が多いので、途中(王宮)から乗る場合は、最悪 乗れない可能性も考えたほうがよさそう…。(※私はなんとか乗れました)

道もだいぶ混んできました。渋滞しているので、なかなか進まず…。

シントラ循環バス

9:45 ペーナ宮殿 入場門に到着

開門ギリギリ…というか少し送れての到着です。自家用車を利用して来ている欧米人や、ツアーバスに乗った団体観光客が、私よりも先に到着しているので、既に出遅れた感はあります。ちゃんと始発のバスに乗ったのに…とほほ。

ペーナ宮殿 Pena

▼チケット売り場は、入場門の目の前にあります。長蛇の列…

ペーナ宮殿 Pena

入場門からペーナ宮殿の入口まで、少し歩きます。(お金を払えばシャトルバスで行くこともできますが)

 

また、ペーナ宮殿内でも、けっこう列に並ばされます。朝でもこの状態なので、午後から訪れる人は大変ですね…。

ペーナ宮殿 Pena

11:30 ペーナ宮殿 観光終了

そろそろお昼ごはんの時間帯ですが、ペーナ宮殿のフードコート?レストラン?的なスペースは満席。

ペーナ宮殿内の売店で買ったサンドイッチをリュックに詰め、とりあえず宮殿の外に出ました。

ここから、「HIGH CROSS」という、ペーナ宮殿の展望スポットに移動します。

▼このような案内版に沿って、山道を登ります

HIGH CROSS

12:00 HIGH CROSSに到着

まさに、ガイドブックでよく見る、ペーナ宮殿の全体像が分かる場所ですね!壮観なお城と、その背景に広がるシントラの町並みが素晴らしいです!

ここまで登ってくるのに疲れたので、私は近くの木陰に座り、さっき売店で買ったサンドイッチを食べました(笑)

ペーナ宮殿 Pena

12:45 再びペーナ宮殿の入口に戻る

HIGH CROSSからの帰り道は下り坂なので、行きよりも短時間でペーナ宮殿の入口(門)まで戻ってこれました。

さて、ここからモンセラーテ宮殿に移動します。434番バスで王宮(シントラ宮殿)まで戻り、435番バスに乗換えます。

13:30 モンセラーテ宮殿に到着

シントラの主要観光スポットから少し離れた場所にあるからか、そもそも知名度があまり無いからなのか、ここまで来ると、ぐっと観光客の数が減ります。ハイシーズンですらこんな感じなので、オフシーズンに行ったら貸し切りレベルなのでは…?

モンセラーテ宮殿 Palácio de Monserrate

色合いも優しい感じで、精巧な作りです。1時間程度で見学し終え、お次は435番バスでレガレイラ宮殿に移動します。

モンセラーテ宮殿 Palácio de Monserrate

15:00 レガレイラ宮殿に到着

旅行者の中で「ポルトガルにドラクエの城がある」と話題になっていたので、ここは絶対に行ってみたいと思っていました。たしかに、完全にドラクエ!!!(笑)

レガレイラ宮殿 Palacio e Quinta da Regaleira

冒険好きな男の子にはたまらない場所だと思います。敷地がかなり広いので、園内すべてをきっちり周ろうと思ったら、半日くらいかかってしまうような気もします。私は時間に余裕が無い為、1時間半くらいで切り上げました。

レガレイラ宮殿 Palacio e Quinta da Regaleira

16:30 レガレイラ宮殿 観光終了

本日も終盤に近づいてきました。ここからロカ岬まで向かいます。まず435番バスでシントラ駅まで戻り、そこから403番バスに乗換えます。私は17:40シントラ駅発の403番バスに乗りました。

シントラ駅からロカ岬まではけっこう距離があるので、片道40分程度かかります。時々かなり細い道を通るので、バスと対向車が接触しないかヒヤヒヤする場面がありましたが、運転手さんの見事なハンドルさばきで無事通過!(笑)

18:15 ロカ岬に到着

ついにやってきました!ここがユーラシア大陸の最西端

世界三大端っこの1つと聞くと、なんだか凄い場所に来てしまった気分になりますが、冷静に観察してみると、至って普通の岬です(笑)

これが、夕日とか見えたらもっと違ったんだろうなぁ…。8月の日入りは20:30頃なので、まだ周囲はバリバリ明るいです。

海に夕日が沈む場面が見たい場合は、日が沈むのが早い冬に行くか、シントラに1泊すると良いですね。

ロカ岬 Cabo da Roca

▼最西端ということで、テンションが上がる若者たち(笑)

ロカ岬 Cabo da Roca

19:00 ロカ岬 観光終了

これで、本日の行きたい場所すべてをコンプリートすることができました!

わーい♡と言いたいところですが、日帰り旅なので、ここからリスボンまで帰らなくてはなりません。私の中で「ひとり旅においては、暗くなる前に宿に戻る」という自己ルールを作っていたので、もう日の入りまで時間がありません!!!(焦)

ロカ岬のバス停にダッシュ!19:04発のバスに乗り込みます。このあたりから403番バスの本数が1時間に1本に減るので注意が必要です。

地味に渋滞しており、シントラ駅到着まで時間がかかりました。

事前にポルトガル国鉄のサイト(COMBOIOS DE PORTUGAL)で調べた情報によると、夜の時間帯でも、リスボン(ロシオ駅)行きの鉄道は、毎時20分発・50分発で30分に1本はあるはずなのですが…。

実際、シントラ駅の電光掲示板を見てみたら、50分発のやつしか無かった…。1時間に1本て…なんでや(涙)

19:50発にはギリギリ乗れなかった為、地味にショックがデカいです。

結局、宿に戻ったのは22時くらいでした。もちろん、とっくに日は沈んでました(笑)

* … * … * … * …*

そんなこんなで、リスボンからシントラまでの日帰りプチ旅行はこれにて終了(*´꒳`*)

ここまで読んでくれた方、お付き合いいただきありがとうございました!♡

このモデルプランが絶対正解!だとは思っていないので、あなたなりにアレンジしてみてくださいね。

それでは良い旅を~♡

 

シントラ・ロカ岬のモデルプラン(周り方)を考える際に役立つ情報を、こちらの記事にまとめています

リスボンから日帰りプチ旅行♪「シントラ」&「ロカ岬」への行き方・街歩きのポイント

2017.10.11

ポルトガルのインターネット事情と、おすすめWiFiレンタルはこちら

【2018年版】ポルトガルのネット事情と、おすすめWiFiレンタルをケース別に比較!

2018.09.01