リスボンから日帰りプチ旅行♪「シントラ」&「ロカ岬」への行き方・街歩きのポイント

シントラ

ポルトガル旅行でリスボンに滞在していた際、日帰りでシントラとロカ岬にも足を延ばしてみました。

旅をする上で、事前リサーチとして某有名ガイドブック(笑)を読んでいたのですが、ページ数や情報量もわりと少なく。。。

シントラの全体像を掴むのにけっこう苦戦した為、今後この地を訪れる方々の参考になればと思い、役立つ情報をまとめてみました。

* … * … * … * …*

この記事を読めばシントラのすべてが分かる!!!

・・・というのは言いすぎかもしれませんが(笑)、でも、そのレベルに少しでも近づけるよう、私なりに一生懸命 解説しましたので、ご一読いただければ幸いです。

 

リスボンからシントラへの行き方・アクセス情報

シントラ・ロカ岬・リスボン

シントラ(Sintra)への足は、「鉄道」を利用します。

リスボンのロシオ駅(Estação Ferroviária do Rossio) または オリエンテ駅(Estação do Oriente)から、シントラ行きの列車が出ています。

オリエンテ駅は市内中心部から離れている為、本記事では、街中にあるロシオ駅からの行き方を紹介します。

* … * … * … * …*

こちらは、私がシントラに行った2017年8月20日(日)の時刻表です。だいたい30分間隔で出ていますね!所要40分~1時間弱です。

リスボン→シントラ時刻表
補足

駅時刻表・ルート検索は、ポルトガル国鉄のサイト (COMBOIOS DE PORTUGAL) で確認できます。

▼こちらが、ロシオ駅の外観です

ロシオ駅

▼長いエスカレータに乗り2階に上がると、すぐ正面に切符売り場があります。

ロシオ駅 切符売り場

ロシオ駅←→シントラ駅の「単純な往復切符」も買えますが、おすすめは「シントラ周遊パス(Bilhete train&bus)」を購入すること!

お値段は€15です。この魔法のパス(笑)があれば、

  • リスボン←→シントラ or カスカイス間の鉄道
  • シントラ・ロカ岬の循環バス

が乗り放題になるんです!

これで、本日のシントラ日帰り旅行の交通費はすべて網羅されますよ~!

* … * … * … * …*

余談ですが、某有名ガイドブックには「€15」と書いてあったのに、私がロシオ駅の窓口で購入した際、「€15.5」と言われ、初めは「値上がりしたのかな?」と思っていました。

レシートを見て分かったのですが、「€0.5」はViva Viagem(ヴィヴァ・ヴィアジェン)代でした。

Viva Viagemとは、日本のSuica(スイカ)のような交通系ICカードのことです。お金をいくらかチャージして使う、という利用方法もありますが、1日乗車券などの乗り放題チケットにも対応しています。

シントラ周遊パス

日本でも、Suica(スイカ)を購入する際に、定期券代やチャージ代とは別に、初めにに500円くらい上乗せされますよね。イメージとしてはそんな感じだと思います。

補足

シントラ周遊パスは、駅の切符売り場(窓口)で買う場合、当日にしか購入できません。

私は、予め前日に買っておこうと切符売り場に行ったら、購入したその日しか使えないものだから駄目だ、と断られました。

Viva Viagemは、Suica(スイカ)とは異なり、外観はただの厚紙(笑)といった安っぽい風貌ですが、安心してください、ちゃんと機能します(笑)

Viva Viagem

さて、シントラ周遊パスの購入が終わったら、そのまま2階にあるホームに移動し、行き先に「SINTRA」と書いてある電車に乗りましょう。シントラは終点です。

ロシオ駅

▼朝早いからか、中はガラガラ…

シントラ 鉄道

▼所要40分なのであっという間に到着!ここからいよいよシントラ観光の始まりです~!わくわく♡

シントラ駅

 

まずは、シントラ町歩きルートを決めよう!

シントラに行く人のほとんどは、おそらくリスボンから日帰りでシントラを訪れるのではないでしょうか。

この町、意外と見どころが多いので、無計画のまま出発してしまうと、行きたい場所にすべて行けぬまま1日が終わってしまった!なんてこともありえます。

そうならないためにも、事前に興味のある場所に目星をつけておきましょう。

* … * … * … * …*

さて、シントラの主要な見どころは、ざざっとこんな感じでしょうか▼

  • ペーナ宮殿 (Palácio Nacional da Pena)
  • レガレイラ宮殿 (Palacio e Quinta da Regaleira)
  • ムーアの城跡 (Castelo dos Mouros)
  • 王宮 (シントラ宮殿、Palácio Nacional de Sintra)
  • モンセラーテ宮殿 (Palácio de Monserrate)
  • ロカ岬 (Cabo da Roca) ※郊外

▼それぞれの位置関係は、このようになっています

シントラ広域MAP

このシントラという町において、公共交通機関の代表格は循環バスです。

レンタカーでも借りない限り、観光客のほとんどが、この循環バスを利用して各観光スポット間を移動します。

しかし、循環バスの路線は1つではない為、自分の行きたい観光スポットがどの路線なのか、必ず把握しておきましょう。

 

旅行者にとって利用価値の高い路線は、以下の3つです。

  • 434番(黄色):シントラ駅、王宮、ムーアの城跡、ペーナ宮殿
  • 435番(緑色):シントラ駅、王宮、レガレイラ宮殿、モンセラーテ宮殿
  • 403番(水色):シントラ駅、ロカ岬

 

▼これを、視覚的に分かりやすく地図(路線図)にしたものがこちらです

シントラ バス路線図

各観光スポット名の隣に、路線の番号が書かれています。例えば、ロカ岬ですと「403」ですね。

シントラ バス路線図 説明

文字がめちゃ小さすぎて読めないヨ!!!…という方は、上記と同じ路線図が、こちらのサイト(Scotturb社のHP:DISCOVER SINTRA)からダウンロードできます。

※PDFファイルで2ページ目です

これを印刷またはスマホに保存しておくと、当日 現地で迷うことなく観光できますよ♪

観光客の好みは千差万別。

人それぞれ、行きたい場所・興味のある場所は異なるかとは思いますので、お好きな場所をお好きな順番で周るのがよいと思います。

ただ、一番人気のペーナ宮殿は、ハイシーズンはかなり込み合います。

入場券を買うだけでも長蛇の列なので、「最初に訪れる」&「開館と同時に入場する」ことをオススメします。

 

循環バスの乗り方・時刻表の調べ方

このトピックでは、循環バスの具体的な利用方法について説明します。

まず、バス停を探しましょう。

各観光スポットには、バス停の目印になる看板が立っています。

出入口の目の前にあることもあれば、少し離れた場所にある場合もあります。

▼これは王宮(シントラ宮殿)前のバス停です

シントラ循環バス

ただ、シントラ駅前のバス停は地味に分かりにくいため、以下に補足しておきます。

路線数が一番多いからか、それぞれ路線のバス停が、バラバラに散らばっているのです。

(なんで一箇所にまとめてくれないの…)

シントラ駅路線

記憶が多少あやふやなのですが、ざっくり赤い丸印のあたりがバス停です。

403番のバス停は、駅の出入口を出てに曲がり、434番435番に曲がれば見えてくるはずです。

【左】434番バス停、【右】434番・435番バス停

シントラ駅 バス停

▼バス正面の電光掲示板には、路線番号が表示されているので分かりやすいです

シントラ循環バス

バスのチケットは、運転手さんから直接購入します。運賃は、1回乗車するごとに、434番は€5.5、435番は€2.5です。

シントラ周遊パスをお持ちの方は、カードをピッとかざすだけでOK!(運賃は周遊パス代に込み)

(Viva viagem card

降りる際は、車内の降車ボタンを押して下車しますが、有名観光地の場合は誰かしらが押してくれますし、運転手さんに予め場所を伝えておくと「ここだよ」と教えてくれます。

* … * … * … * …*

次に、時刻表の調べ方ですが、シントラ循環バスを運行しているScotturb社のHPで確認できます。(ポルトガル語)

例として、403番の路線(ロカ岬)のページを開いてみました。早朝と夜を除き、日中は1時間に2本あることが分かりますね。

シントラ バス 403番時刻表

また、前トピックで紹介した、路線図MAPがダウンロードできるサイト(Scotturb社のHP:DISCOVER SINTRA)のPDFファイル1ページ目にも時刻表が掲載されています。(※434番・435番のみ)

* … * … * … * …*

ちなみに、現地のバス停にも時刻表の看板がありますので、帰りのバスの時刻を必ずチェックするようにしましょう。

この写真は王宮前のバス停の時刻表ですが、434番は1時間に4本程度あるようですね。

シントラ市バス 434番時刻表

 

シントラの交通事情

先ほどのトピックでも書いたように、このシントラという町周辺の、公共交通機関の代表格は循環バスです。

ガイドブックや旅人のブログには、循環バスでの周り方について書かれていることが多く、私は出発前、「観光客は皆、バスで周るのが普通なのね~」と思い込んでいました。

* … * … * … * …*

しかし、実際はどうだったのかというと、観光客の足は自家用車が一般的でした。

そう、ここは陸続きのヨーロッパ。いくらシントラがユーラシア大陸の最西端にあるとはいえ、観光客のほとんどを占める欧米人たちは、自分の車(またはレンタカー?)でここまで運転してきているのです。

もちろん、バスを使って周っている欧米人もいらっしゃいましたが、私の感覚では自家用車組が多い印象です。

逆の見方をすれば、バス組は少数派です。

私が訪れた8月はいわゆるハイシーズンでしたが、こんなにも観光客で賑わっているにもかかわらず、バスの本数が少なく、また、バスの車体が小さいことに驚きました。

(シントラの道は細くてくねくね曲がっているため、大型バスは実用的ではない)

一番人気のペーナ宮殿はまだマシなほうですが、それ以外のスポットは、バスが30分に1本しかないケースもあります。

また、定刻通りではなく、頻繁に遅延します。遅延する一番の要因は交通渋滞です。

ただでさえ細い道路に、ハイシーズンは沢山の観光客の車が押し寄せるので、めちゃくちゃ道が混みます。

▼実際の写真。このままなかなか動かず。。。

シントラ 交通渋滞

急ぎの場合、タクシーやトゥクトゥクを利用すれば、バス停での待ち時間分の尺は浮きますが、どのみち渋滞は回避できません。

ルートや時間配分を考える際には、このような要素も加味しておいたほうが良さそうです。

 

次の記事では、シントラとロカ岬を、効率良く周ることのできるモデルプランを紹介しています

実際、私はこのルートで観光してきましたので、実現可能かは立証済です(笑)

シントラ&ロカ岬を1日で満喫♡よくばりモデルプラン

2017.10.12

ポルトガルのインターネット事情と、おすすめWiFiレンタルはこちら

【2018年版】ポルトガルのネット事情と、おすすめWiFiレンタルをケース別に比較!

2018.09.01