財布がない!人生初スリは、ポルトガルの首都リスボンでした

スリに注意

気持ち良いくらい晴れ渡っていた、リスボンの午後。

ポルトガル旅行も終盤といったところで、ついに、ついに、やられてしまいました!!!

 

スリに・・・(号泣)

 

人生初ポルトガルにして、人生初スリ。

ほんまにショックすぎる(´;ω;`)(´;ω;`)

 

そのときの状況を、真面目に箇条書きにさせて頂きますと、

 

  • いつ、どこで?

それが、まったく分からないんです。気づいたときには、跡形も無く消えていたので。

財布を最後に見たのは、11時ごろに売店でアイスを買ったとき。

そこから、アルファマ地区周辺をふらふら散策し、14時くらいにまたアイス食べたいな~と思い売店へ。レジで財布が無いことに気づいた、みたいな。

(→アイス食べすぎじゃね?!というツッコミは受け付けておりませぬ。暑かったんです!笑)

 

  • 何を? 

財布とチェーン。

財布を、盗難防止用のチェーンでリュックサックと繋ぎ、中に入れておいたのですが、チェーンごとお亡くなりになりました。

(→もはや盗難防止できてないし!w) 

 

  • 被害

正確な金額は分かりませんが、小額紙幣(5ユーロ札、10ユーロ札を数枚)と小銭。

 

今思えば、、、

アルファマ地区のポスタル・ド・ソル広場で、トゥクトゥクの運転手の女性に声を掛けられ、「あなたのリュック空いてるわよ」と親切に教えられたのですよ。

んで、背負っていたリュックを見たら、確かにチャックが半分くらい空いていて、そのときは「わたしチャックを閉め忘れたのか、気をつけよ…」と思い、お礼を言ってその場を後にしたのですが…

 

おそらく、そのとき既にやられていたんだろうなと。

(なんでそこで気づかなかったんだわたし!!!)

 

ポスタル・ド・ソル広場は観光客が集まる有名な展望スポットで、かなり人もいたし、私はカメラに夢中だったし、

犯人からしたら、さぞかしチョロイもんだったでしょうよ。

思い出すと今でもくやしいいいいいいいいいい!!!!(´;ω;`)(´;ω;`)

 

▼こんな写真を夢中で撮っていたら、ね。。。

Lisboa

 

今回の旅行で、わたし4000枚以上写真撮ってたんですよね。ポルトガルの街が素敵すぎて。

これはもう、写真を撮りたくなる絶景が多すぎるポルトガルが悪い!!!

という言い訳にならない言い訳を並べても財布は戻って来ないので、反省してます。ハイ。

 

帰国後、友人に「スリに遭ったの〜〜(>_<)」という話しをすると、

「それは災難だったね…。でも、むしろ50ヶ国近く行ってて、今まで何もなかったことのほうが驚きだよ~」と言われたのですが、

私からすれば、初海外の初心者ならまだしも、逆にこれだけいろいろ行ってて経験豊富なのに財布をスラれるとか、ショックというより自己嫌悪に苛まれたのでした。。。本当に情けない。。。(´;ω;`)(´;ω;`)

 

不幸中の幸いだったのは、全財産が無くなるという最悪な事態は避けられたこと。

スラれた身で言うのも説得力無いですが、いちおう女ひとりで旅をしているということもあり、自分なりに、ありとあらゆることに気をつかってはいました。

 

私が全財産 無くならなかったのは、お金を1箇所にまとめず、分けて持ち歩いていたから。

投資の世界も分散投資が基本っていうし、やっぱり「分散」って重要だね。(→何の話w)

 

私の場合、海外に行くときは、基本的に3箇所。

  1. 財布
  2. 腹巻タイプのセキュリティーポーチ
  3. スーツケース

 

ポルトガルは比較的治安が良い国なのでこの程度ですが、南米やアフリカ等の凶悪犯罪が多発する国では、さらに「下着の中」「靴下の中」にも入れます。

ヨーロッパのスリの場合、本人が気づかないうちに、しれ~っと盗っていきますが、(そう、私のときのように…)

南米・アフリカの場合、襲いかかって堂々と盗ってくというか…もはやスリというよりは強盗ですよね。

強盗において、セキュリティーポーチはあまり意味がない(?)といわれますので、身体のありとあらゆる場所にお金を身に付けているというわけです。

 

無くなったのは現金のみで、高額紙幣・クレジットカード・パスポート等は、腹巻タイプのセキュリティーポーチに入れ、服の中に身に付けていたので無事。

それにしても、カメラやスマホを盗られなくて良かった…「SDカード(思い出)」は二度と取り戻せないから。

 

* … * … * … * …*

 

さて、こんなこともあろうかと、私は海外旅行保険に入っていたので、申請に必要な盗難証明書を発行してもらいに観光警察署に行ってきました。

リスボンの観光警察署 (PSP – Esquadra de Turismo / Cometlis)

住所:Praça dos Restauradores – Palácio Foz 1250-187 LISBOA

電話:213421623

Email:lsbetur@psp.pt

場所は、レスタウラドレス広場(Praça dos Restauradores)に面しており、ロシオ駅にも近いです。

リスボン観光警察署

海外の警察署とか始めてなので、緊張…!

番号札をもらい、待合室っぽいところの椅子に座って待ちます。

その日は土曜日だったこともあり、かなり混み合ってました。小さい部屋に、4人くらいの警察官が常駐して対応していたのですが、1組にかける時間の尺が長いので、かなり待たされました。

リスボン観光警察署

隣に座っている欧米人が、スマホでYoutube見ながら爆笑してたんだけど、ここって、大なり小なり何かしらの被害に遭った人が来る場所ですよね…?

何故そんなに楽しそうなんだ?(謎)

 

そんなこんなで2時間くらい待ち、やっと私の番号札が呼ばれました。

そういえば、わたし中学生レベルの英語しか話せないのに、ちゃんと状況説明できるのだろうか…。Σ(‘◉⌓◉’)

(※ポルトガル語はもはや圏外レベル)

 

担当は、中年くらいの女性警察官でした。

ポルトガルではあまり英語が通じないので、今まで苦労してきましたが、さすが観光客専門の警察なだけあって流暢で聞き取りやすい英語。

 

警察官「What happened?」

わたし「My wallet was stolen.」

・・・という、なんだか中学時代に英語の教科書で見たことがあるような会話から始まり、

 

「財布の色は何色?」「財布の素材は?」「財布の中には何が入っていたの?」「何時ごろ盗られたの?」「場所はどこ?」

などなど、質問内容は私でも理解できるものだったので、特に問題無く事情聴取が終了。

 

指定された用紙に、私の名前・生年月日・住所・パスポート番号・滞在ホテル名 等の個人情報を記入し、

私がここに来た目的である盗難証明書を、無事発行してもらうことができました。(個人情報の部分はモザイクかけてます)

盗難証明書

帰国後、保険会社に申請をして審査が通ったので、最近、私の銀行口座に保険金が振り込まれておりました。やっぱり保険って大切。

(※現金は補償の対象外なので、財布代のみ)

 

当時は落ち込んでいたけれど、財布を盗られただけで特に怪我とかも無かったし、そこは喜ぶべきところかな。

ヨーロッパの場合、スラれるのは「」ですが、南米やアフリカの場合は、冗談抜きで「」をスラれますので。

 

「人生、生きてるだけで丸儲け」って、芸人のさんまも言ってたし!

盗られたお金は、帰国して働いて稼げばいいもんね!

これからも、気を付けつつ旅は続けていきます!

 

PS:財布を盗られたことを除けば、リスボンはとっても素敵な街でした♡

弾丸トラベラーにオススメ! 所要1・2日で巡るリスボンの歩き方・モデルルート

2017.09.19

リスボン街歩きにオススメのフォトジェニックスポット♡ ガイドブックには載ってない穴場まとめ

2017.09.17