フリー写真素材配布中

ユーレイルパスの購入方法【日本出発前の手配がおすすめ】

ユーレイルパスの購入方法

ヨーロッパ諸国を鉄道でめぐる際に、便利な「ユーレイルパス」

この記事では、ユーレイルパス や パスホルダーチケットの購入方法について解説します。

ユーレイルパスの基本情報については「ヨーロッパを周遊するならユーレイルパスが便利!おすすめな人・選び方まとめ」の記事をご覧ください。

まずは各販売会社の公式サイトをチェックしておきたい、という方はこちら

 

ユーレイルパスは日本出発前の手配がおすすめ

鉄道パスの現地購入は割高となり、種類によっては購入できないものもあるため、日本の旅行代理店 または オンラインでの事前購入をおすすめします。(どこで買っても概ね同じくらいの料金)

航空券購入時に発行されるEチケット (電子航空券) とは異なり、ユーレイルパスは 購入後に紙のチケットが自宅に郵送されます。

つまり、パスが手元に届くまでにある程度の日数がかかりますのでご注意ください。

 

ユーレイルパスの購入方法

ユーレイルパスを取り扱っている販売会社の例として、

欧州エキスプレス (マックスビスタトラベル)

社名の通り、ヨーロッパ鉄道専門の旅行会社です。

創業30年、HISの子会社でもあり、ヨーロッパ鉄道に関する幅広い知識と経験を持つスタッフが、多数在籍しています。

東京本社の事務所内に発券機を完備しており、直前購入 (3営業日前までならば発券可能)・日本円での決済が可能です。

ゆかり

過去に2回、モニターとして利用させていただきました。毎回ルートの相談に乗ってもらい、とても助かっています。

購入手続き or お問い合わせは、こちらの公式サイトより受け付けてます

欧州エキスプレス (マックスビスタトラベル) 公式サイト

 

レイルヨーロッパ

フランス国鉄とスイス国鉄の資本により設立された公的法人です。

ヨーロッパの鉄道商品取り扱い数は業界トップ。

オンラインサイトは日本語にも対応しており、日本語で購入手続き・サポートが受けられます。

購入手続きはこちらの公式サイトより受け付けてます

レイルヨーロッパ公式サイト

 

ユーレイルパス購入時に確認すべきこと

購入の時点で、あらかじめ「ルート」や「便」をきっちり決める必要はないかと思いますが、

自分が乗車する予定の列車が、以下3つのどれに該当するのかを把握しておきましょう。

  • ユーレイルパスだけで乗車できる列車:任意指定制全席自由席
  • ユーレイルパスだけでは乗車できない列車:全席指定制
  • ユーレイルパスが適用されない列車:私鉄の一部 等

 

パスホルダーチケットの購入方法

ユーレイルパス保有者は、適用国の国鉄 (または国鉄に相当する鉄道会社) が乗り放題となりますが、

全席指定制の列車に乗車する場合は、鉄道パス利用者用の座席指定券に相当する パスホルダーチケット別途購入する必要があります。

全席指定制の列車の例

寝台列車、ユーロスター、タリス、TGV (フランス)、AVE (スペイン)、イタリア高速鉄道 等

パスホルダーチケットは、現地の駅の窓口で購入することもできますが、注意点として、例えばマイル利用の特典航空券の座席数が限られているように、列車によってはパスホルダー用の座席数が限られている場合があります。

つまり、列車自体に空席があっても、パスホルダーチケットは完売ということがあるのです。

その場合、せっかくユーレイルパスを持っているのに 正規料金 (乗車券+座席指定券) でチケットを購入せざるを得ません。(=もはや宝の持ち腐れ状態)

現地購入のパスホルダー料金は、3ユーロ~数十ユーロ程度 (寝台列車はそれ以上) なので、日本で手配する場合とかなりの開きがありますが、(販売会社の手数料が上乗せされるため)

  • 何がなんでも自分が希望する日時・時間帯の便に乗りたい人
  • 1日1便しか運行していない等、極端に本数が少ない路線
  • パスホルダー用の座席数が限られている列車 (例:寝台列車、ユーロスター、タリス、TGV 等)

に該当する場合は、安心料だと思って日本出発前に手配しておくことをおすすめします。

ゆかり

私はユーレイルパス購入と同時に、販売会社にパスホルダーチケットも合わせて手配してもらいました♪

 

また、パスホルダーチケットは、全席指定制だけではなく 任意指定制の列車でも購入することができます。

私の経験上、ヨーロッパの鉄道は基本的に空いていて、どこでも座り放題という状態のことが多いのですが、それでも時期・時間帯にもよっては、列車内が乗客で埋め尽くされているときがあります。

ユーレイルパスを持っていれば、仮に満席でも列車そのものには乗車することができますが、立って乗車することになります。

どうしても座って乗車したい!という方は、加えて任意指定制の列車のパスホルダーチケットも購入しておきましょう。

 

まとめ

この記事では、ユーレイルパスを購入する上で知っておきたい情報を解説しました。

もう一度 重要なポイントをおさらいすると、

  • 鉄道パスの現地購入は割高となるため、日本の旅行代理店 または オンラインでの事前購入をおすすめします。
  • ユーレイルパスの手配はお早めに。パスが宅配便 (郵送) で自宅に届くまでに数日かかります。
  • 全席指定制の列車に乗車する場合は、パスホルダーチケット (鉄道パス利用者用の座席指定券) を別途購入する必要があります。
  • 列車によってはパスホルダー用の座席数が限られている場合があるのでご注意ください。

ユーレイルパスの購入は、各公式サイトより受け付けています。

ユーレイルパスの使い方~乗車までの流れを解説~

ユーレイルパスの使い方ユーレイルパスの使い方【乗車までの流れを解説】

ヨーロッパ旅行におすすめのWiFiレンタルはこちら

ヨーロッパ周遊旅行 おすすめWiFiレンタルヨーロッパ周遊旅行におすすめ!コスパの良いポケットWiFiレンタル2選

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です