フリー写真素材配布中

ユーレイルパスの使い方【乗車までの流れを解説】

ユーレイルパスの使い方

ヨーロッパ諸国を鉄道でめぐる際に、便利な「ユーレイルパス」

この記事では、ユーレイルパスを利用するのが初めての方向けに、乗車までの流れを解説します。

ユーレイルパスの基本情報については「ヨーロッパを周遊するならユーレイルパスが便利!おすすめな人・選び方まとめ」の記事をご覧ください。

 

渡航前:届いたユーレイルパス一式の中身を確認する

鉄道パスは宅配便 (郵送) で自宅に届きます。まずは中身を確認しましょう。

ユーレイルパス 宅配

ユーレイルパスは、「パス本券」と「パスカバー」の2点で構成されています。(ホッチキスで止められた状態で送付されます)

ユーレイルパス 一式

利用前に、パスカバーにあるお客様情報 (Personal details) を記入しましょう。

ユーレイルパス お客様情報

注意
注意

  • バリデーション (詳細は後述) 手続き前は、パス本券には何も書き込まないでください。
  • パス本券とパスカバーは、切り離すと無効となります。

 

現地到着後:ユーレイルパスをバリデーションする

ユーレイルパスは、利用前に必ずバリデーション (Validate / 利用開始手続き) が必要となります。

現地に着いたら、鉄道駅のチケット窓口にて パスを有効化しましょう。

ゆかり

私は、ドイツのフランクフルト空港に到着後、さっそく空港駅のチケット窓口 (ドイツ鉄道の旅行センター) に行き、サクッと済ませてきました。

▼フランクフルト空港駅のチケット窓口

フランクフルト空港駅 チケット窓口

窓口の係員に「ユーレイルパス」「パスポート」の2点を提示して、3分もかからず完了しました。

▼バリデーション手続きの様子

バリデーション手続きの様子

▼バリデーション後のユーレイルパス。券面上にバリデーションスタンプが押され、使用可能な状態に。

ユーレイルパス バリデーション後

使用開始日」「使用終了日」「パスポート番号」の欄は、窓口の係員が記入します。

注意
注意

  • バリデーション手続きが完了したパスは、払い戻し不可となります。
  • バリデーションをせずに乗車してしまうと、無賃乗車扱いとなり罰金が科せられます。
MEMO
補足

難しい手続きではないのですが、欧州エキスプレスの場合、別途料金がかかりますが代行も可能です。

  • どうしても不安!という方
  • 時短したい方 (駅によっては窓口が混雑していることもある)

 

乗車時:ユーレイルパスに乗車記録を記入する

現地で鉄道に乗車する際は、毎回 事前にパスカバーとパス本券に乗車記録を記入します。

  • パス本券乗車日 (フレキシータイプのみ) ※連続 (コンセクティブ) タイプのパスに乗車日記入欄はありません。
  • パスカバーJourney details 

ユーレイルパス 乗車記録

予定が変わることもありますし、全旅程を予め書いておく必要はありません。

随時、乗車前にサクッと記入しておけばOKです!

注意
注意

  • 黒または青インクのペンで記入してください。鉛筆・消せるボールペンは不可です。
  • 乗車日の部分は書き直しができないため、慎重に記入してください。
  • 未記入の状態で乗車すると、罰金または正規料金の支払いを請求される可能性があります。

 

乗車時:車掌による検札の際、ユーレイルパスを提示する

ヨーロッパの鉄道駅には基本的に改札が無いため、初めて駅を訪れた方は戸惑うかもしれませんが、気にせずそのままホームに進みましょう。

パリ東駅ホーム

列車が発車した後、車掌さんが列車内を回り、チケットチェックを行います。

その際に、乗車記録が記入された状態のユーレイルパスを提示しましょう。

ユーレイルパス 車掌による検札

MEMO
補足

  • パスポート等の公的身分証 (コピーは不可) も一緒に携帯し、乗車してください。
  • 全席指定席の列車 (例:TGV、ユーロスター等) は、車掌がドア付近に立ってチェックを行うこもありますが、発車後の検札時に再度チケットの提示を求められます。

ゆかり

私の経験上、3回に1度くらいは検札に来ないです(わりとテキトー笑) とはいえ、乗車記録の記入は怠らないように!

目的地に到着したら、出発駅と同じく出口に改札は無いので、そのまま駅の外に出てしまって大丈夫です。

また、旅行が終わった後にユーレイルパスを返送するとギフトがもらえます。

ユーレイルグローバルパス

ゆかり

ユーレイルパスを改めて眺めてみると、 こんなにたくさん鉄道に乗ったのかと…!乗り放題なので、ガンガン使い倒しちゃいましょう!

 

まとめ

この記事では、ユーレイルパスを使う上で知っておきたい情報を解説しました。

もう一度 重要なポイントをおさらいすると、

  • 利用前に必ずバリデーション (Validate / 利用開始手続き) が必要となります。
  • 現地で鉄道に乗車する際は、毎回 事前にパスカバーとパス本券に乗車記録を記入します。
  • 列車が発車した後、車掌による検札の際、乗車記録が記入された状態のユーレイルパスを提示しましょう。

ユーレイルパスの購入は、各公式サイトより受け付けています。

ユーレイルパスの基本情報については「ヨーロッパを周遊するならユーレイルパスが便利!おすすめな人・選び方まとめ」の記事をご覧ください。

 

ヨーロッパ旅行におすすめのWiFiレンタルはこちら

ヨーロッパ周遊旅行 おすすめWiFiレンタル ヨーロッパ周遊旅行におすすめ!コスパの良いポケットWiFiレンタル2選

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です