ポルトガルのヴェネツィア?!水の都アヴェイロを散策♪

Aveiro

アヴェイロは、ポルトガルの“ヴェネツィア”とも呼ばれている、水路が美しい港町です。

ポルトガルの主要都市の1つである「ポルト」と、首都「リスボン」とのに位置するため、2都市間を移動するついでに立ち寄る旅人も多いのではないでしょうか。

ポルトからは南に列車で約1時間、リスボンからは北へ約2時間半の距離にあり、弾丸で日帰りで行くことも可能です。

また、大分県大分市と姉妹都市提携をしていたりと、意外と日本との繋がりのある場所だったりします。

本記事では、水の都アヴェイロの歩き方を紹介します♪

 

美しいアズレージョで覆われた、アヴェイロ駅の旧駅舎

アヴェイロの玄関口である近代的な新駅のすぐ隣にあるのが旧駅舎です。白壁に、青色アズレージョが映えていてとても美しいです。

Aveiro

現在は駅としては使われていませんが、展示会場などに利用されています。

・・・だがしかし、旧駅舎正面にあるシュールすぎる像にぜんぶ持ってかれました\( ˆoˆ )/

Aveiro

街を歩いていると、これと似たような像が何個かあったんだけど…いったい何のために?!(笑)

 

ちょっとだけヴェネツィア気分♪ 中央運河

駅前からまっすぐのびているドウトール・ロウレンソ・ペイシーニョ通り(Av. Dr. Lourenço Peixinho)を歩くこと約20分。中央運河が流れる街の中心地に到着します。

アヴェイロMAP

本家のヴェネツィアよりだいぶ規模は小さいですが(笑)、これはこれで趣があって私は好きです。

Aveiro

目につくのは、運河を行き交うモリセイロというカラフルな船。

もともとは、19世紀頃に周辺の土地を耕す肥料用の海藻運びに使われたそうですが、現在はもっぱら観光用となっています。

Aveiro

夏のシーズンは、周辺の水路を巡るボートツアーも出ています。(所要45分、ひとり8ユーロ)

 

魚も空を飛びたいお年頃♡(笑)

ここからは、中央広場を起点に街を散策していきましょう♪

中央運河から→コインブラ通り(R. de Coimbra)→コンバテンテス・ダ・グランデ・ゲーラ通り(R. dos Combatentes da Grande Guerra)と足を進めてみると…、

Aveiro

お魚が道の頭上にいっぱい飛んでいる…!♡

Aveiro

漁業が盛んな街だからかでしょうか。

近隣の街アゲダも、道の上にカラフル傘をたくさん吊るしてたりとかしていますが、アヴェイロもなかなか良い仕事してるじゃないですか(笑)

アヴェイロMAP

コンバテンテス・ダ・グランデ・ゲーラ通り(R. dos Combatentes da Grande Guerra)の先っぽまで行くと、アズレージョの綺麗な建物が。

Aveiro Aveiro

GoogleMapで調べてみても、これといった建物名が出てこないので、有名な建物ではないようなのですが、私の中ではお気に入りの柄模様です。

 

ロシオ庭園にはマーケットがずらり

中央運河のすぐ横にあるロシオ庭園(Jardim do Rossio)には、マーケットがたくさん並んでいます。

私はここのマーケットで、ポルトガルの郷土菓子をお土産としてお買い上げ。(このお菓子については後ほど詳しく書きます)

Aveiro

こんな可愛らしいお店も♡

Aveiro

この市場は庶民的(?)な感じですが、運河沿いにフォラム・アヴェイロ(Forum Aveiro)というショッピングモールもあります。

Aveiro

 

日本のモナカにそっくり?!ポルトガルの郷土菓子

この街の看板とも言えるスイーツ、オヴォシュ・モーレシュ(Ovos Moles de Aveiro)。

「柔らかい卵」という意味なのですが、見た目が日本のモナカ(最中)にそっくりなんです。

Aveiro

漁業が盛んな街だからなのか、形は魚や貝などの海産物がモチーフとなった皮の中に、黄色い餡が入っています。

ぱっと見、果物のオレンジを思い起こす色ですが、卵の黄身です。

お土産屋さんでは箱詰めになっていたりするので、日本へのお土産にも最適。(ただ、賞味期限はわりと短めです)

GoogleMapで「Ovos Moles de Aveiro」と検索すると、下記の場所が出てくるので、私はてっきりここで購入できるものだと思っていたのですが…

アヴェイロMAP

たしかに、「Ovos Moles de Aveiro」と書かれた看板はあるのですが、外観があまり販売店っぽくないというのか…そもそも閉まってる…。

私は金曜日に行ったのですが、定休日とか…?(謎)

Aveiro

旅行者のブログを見てると、アヴェイロの一般的はカフェやレストランで食べれるようです。

私は勤めている会社にお土産として持っていきましたが、お味のほうは、好き嫌いが分かれる感じですね(笑)。ハマる人はハマるみたい。

 

アヴェイロのオススメカフェ&レストラン

Doce Infusão

中央運河から歩いて数分のカフェです。内観もオシャレな雰囲気♡

Doce Infusão Doce Infusão

メニューも充実。サンドイッチ・サラダ等の軽食からデザートまでたくさん種類があります。お値段もそこそこお手頃。

Doce Infusão

私は、バケットとサラダをオーダー。私の想像では、バケットがメイン、サラダがサイドメニューだったのですが・・・。

あれ?なんかサラダが想像以上にデカい…(笑) もはやサラダがメインになってしまった!

美味しいけど、ひとりで食べるには多すぎた。

Doce Infusão

 

EL Boquerón

まるで、パジャマシティ「コスタ・ノバ」のような可愛い外観♡ タパスのお店です。

私はこの店の前を通ったのがディナーには早すぎる時間帯だったので入ってはいませんが、また来る機会があったら行ってみたいなあ。

EL Boquerón EL Boquerón

 

リスボンやポルトに代表されるように、ポルトガルは土地の起伏が激しく、坂道が多いのですが、

アヴェイロは平坦な街なので、徒歩での見学もそれほど大変ではありません。

港町好きにはオススメの街ですよ♡

 

また、アヴェイロの近隣には、とってもフォトジェニックで可愛い街がありますので、そちらも合わせて訪れてみてくださいね(*´꒳`*)

アヴェイロからローカル線で35分、「アゲダ」の Umbrella Sky Project

空一面をカラフルな傘で埋め尽くされた街、ポルトガルのアゲダを120%楽しむ方法

2017.10.04

アヴェイロからバスで35分、パジャマシティ「コスタ・ノヴァ」

ストライプ柄の街並みが可愛い♡ ポルトガルのパジャマシティ「コスタ・ノバ」の歩き方

2017.09.30

※これらの街に行くためには、必ずアヴェイロを経由するため、訪れる際はアヴェイロを拠点に動くのがベストです。

 

アヴェイロで宿泊するならここ!アズレージョで彩られた併設カフェが可愛いホテル

アヴェイロの超オススメホテル!アズレージョで彩られた併設カフェがオシャレ♡

2017.09.29

撮影したフォトジェニックな写真を、その場でSNSに投稿したい!という方におすすめのWiFiレンタルはこちら

【2018年版】ポルトガルのネット事情と、おすすめWiFiレンタルをケース別に比較!

2018.09.01

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です