jetfiの申し込みから返却までの流れ・注意点まとめ

jetfi 申し込み

本記事では、「jetfiを借りてみたい!」と思った方向けに、申し込みから~返却までの流れを簡単にご説明します。

実際にjetfiをレンタルしたことのある私だからこそ分かる アドバイス注意点 も併記しましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

STEP①:申込み・支払い

まず、jetfi の予約方法を解説していきます。

jetfi (ジェットファイ) 公式サイトキャンペーンページ」を開き、【お申し込み】ボタンをクリック。

jetfi お申し込み

 

▼プラン選択画面に進みます▼

jetfi プラン選択(2019年7月時点)
補足

最適なプランの選び方がよく分からない…という方は、こちらの記事から先にご覧ください。

jetfi-最適なプランの選び方

jetfiの料金形態を解説~最適なプランの選び方~

2019年8月2日

グローバル(世界周遊)プラン対応エリアに渡航する方が、うっかり間違えてアジアプランに申し込んでしまうケースもあるようで、申込み前に必ず対応エリアを確認しましょう。

 

アジアプラングローバル(世界周遊)プランを選んだ方は、お好みの通信容量を選択します▼

jetfi-reserve-03
補足❶

通信容量の選び方・目安が知りたい方は、別記事の「STEP❷:通信容量を選ぶ」の部分で説明しています。

jetfi-最適なプランの選び方

jetfiの料金形態を解説~最適なプランの選び方~

2019年8月2日
補足❷~IP電話付きプラン (jet-phone) とは?~

海外WiFiルーターに通話機能を搭載したオプションサービスです。(※対応国は約40ヶ国)

>>詳細・対応国一覧 (公式サイト)

jetfi-jetphone

 

▼申込みフォームに進みます▼

jetfi-reserve-04
補足❶受取方法について

下記3つから選択できます。

  1. 空港受取:出発日に空港のカウンター(送料無料)、空港のコンビニ・郵便局(送料600円) で受取ります
  2. 自宅受取:出発前日に宅配便で自宅に届きます (送料600円)
  3. コンビニ / 郵便局受取:全国各地のコンビニ・郵便局で受取ります (送料600円)

空港のカウンター受取のみ送料無料ですが、とりわけ繁忙期 (GW・夏休み・年末年始) はカウンターが混雑する為、受け渡しに1時間以上要する場合もあります。繁忙期の空港受取は避けたほうが無難でしょう。

 

空港受取

例えば成田空港の場合、下記のような選択肢になります。(※2019年11月時点)

jetfi 成田空港受取

>>他の空港の受取場所一覧はこちら

  • 早朝便深夜便の場合:受取場所によっては24時間営業ではないので注意
  • 出発間近の申込みの場合:受取場所によって申込期限が異なるので注意

 

コンビニ / 郵便局受取

全国各地のコンビニや郵便局で受け取ることもできます。荷物 (WiFiルーター一式) 到着後、メール等でお知らせが届きます。

jetfi-convenience-store
補足❷返却方法について

jetfiは空港返却不可なので、仮に空港カウンターがある空港であっても、必ず返送料 (レターパック / 650円+税) が発生します。

補足❸保証オプションについて

デフォルト (初期設定) では「安心パックプレミアム」にチェックが入ってますが、自由に選択できます。

参考までに、私の場合、海外旅行保険 (例:損保ジャパン) に加入するときは、「賠償責任」という項目で補償を受けることができますので、オプション無しを選択します。

(=わざわざレンタル会社の保険に二重に入る必要も無いから)

逆に、クレジットカードに付帯されている海外旅行保険のみで済ませる場合、レンタル業者から借り入れた品は補償の対象なケースも多いので (例:楽天カード)、安心パックをつけるようにしています。

※必ず、加入する海外旅行保険の補償内容をしっかりと確認しましょう。

補足❹クーポンコードについて

キャンペーンページから申込みフォームに進んだ場合、自動入力されているはずなので、このまま先に進みましょう。

注意

付属品として、もちろんWiFiルーターの充電器は付いていますが、変換プラグは同梱されていません。

自分で用意するか、マルチ変換プラグのオプションをつけてください。

 

▼お申込者情報入力画面に進みます▼

jetfi-reserve-05

 

▼内容確認画面に進みます▼

このページでは、今まで入力した内容の最終確認を行います。

費用の部分 (総額) はもちろんのこと、入力ミスが無いかどうかチェックしてください。

jetfi-reserve-06

 

▼クレジット決済画面に進みます▼

jetfi-reserve-07

カード情報を入力後、【決済】ボタンを押して、正式に予約完了です!

 

STEP①:受け取り

宅配受取の場合

出発日の前日に、宅配便で自宅にWiFiルーター一式が送られてきます。

jetfi 宅配受取

アジアプラングローバル(世界周遊)プランの場合、対応国には「日本」も含まれており、国内でもjetfiは使えます。

日本国内での利用は無料 かつ 通信容量無制限です。

端末が到着したその日からインターネットに接続可能ですので、事前に接続確認をしてみましょう。

出発前に日本で設定しておけば、現地で手間取る心配もなく安心です。

(※無制限プラン・中国VPNプランは、日本国内での利用はできません)

 

空港受取の場合

成田空港の受取りカウンターの場合、テナント・受け渡しスタッフは jetfi 専属というわけではないようで、他社と兼用?委託?している模様。

jetfi 空港受取01 jetfi 空港受取02

カウンターの女性にWiFi会社名を聞かれ、パスポートまたは免許証等の身分証明書を提示します。

宅配受取の時と同じように、WiFiルーター一式は丁寧に梱包されており、後ほど自分で封を切りました。

jetfi 空港受取03

空港受取の場合も、日本にいる間にWiFiルーターの接続確認をしておくことをおすすめします。

(※無制限プラン・中国VPNプランは、日本国内での利用はできません)

補足~インターネットに接続する手順~

必要な作業(初期設定) は、たったの3ステップです。

  1. WiFiルーターの電源を入れる
  2. 該当するWiFiのSSID (WiFiの名前) を探す
  3. WiFiのパスワードを入力して接続

(=初回に入力したWiFiパスワードを、スマホ等の端末に記憶することができるので、 2回目以降は自動接続されます)

また、同封されている「使い方ガイド(取扱説明書)」では、操作方法が初心者にも分かりやすく解説されており、機械が苦手!という方でも安心して使えます。

>>PDF版使い方ガイド (公式サイト)

 

STEP③:現地で利用する

空港に到着後、ルーターの電源を入れれば、すぐにネットが使えます♪

jetfi-airplane

 

STEP④:返却

帰国後、返信用封筒(レターパック)にWiFiルーター一式を入れて封をし、郵便ポストに返却します。

jetji ポスト返却
注意

jetfiの WiFi端末(ルーター)はけっこう分厚いので、梱包の仕方を間違えると、いざ投函する際に「膨らみすぎてポストに入らない!」なんてことも・・・(←jetfi あるあるです。笑)

正しい梱包の仕方については、同封された説明の紙▼に詳しく記載されているので、必ず目を通しておきましょう。

jetfi 梱包の仕方

返却期限は帰国翌日ですが、私は帰国後すぐに空港の郵便ポストに投函することが多いです。

(後回しにして、うっかり返却し忘れたら嫌なので。笑)

ܤ ܤ ܤ ܤ ܤ

以上が、jetfi (ジェットファイ) の申し込みから~返却までの流れ・注意点まとめでした♪

 

実際にレンタルしてみたい!と思ったら、こちらの公式サイトよりお申込みできます

jetfi (ジェットファイ) 公式サイト

jetfiを利用した感想メリットデメリットについて知りたい方は、こちらの記事をご覧ください

安かろう悪かろう? jetfiを実際にレンタルして使ってみたレビュー

2019年8月1日

jetfiの料金形態最適なプランの選び方について知りたい方は、こちらの記事をご覧ください

jetfi-最適なプランの選び方

jetfiの料金形態を解説~最適なプランの選び方~

2019年8月2日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です