ドイツ旅行におすすめのWiFiレンタルと、知っておきたいインターネット事情

ドイツ旅行におすすめポケットWiFiレンタル

ドイツ旅行中、日本にいるときと同じようにインターネットが使えたら、とても便利ですよね。

最近は、ドイツでもWiFiスポットが増えてきたように思いますが、かといって、フリーWiFiが飛んでいる場所でしかネットが使えないのも不便です。

そんな悩みを解決してくれるのが、海外でも使える「ポケットWiFiレンタルサービス」。

でも、選択肢が多すぎてどれを選んだら良いのか分からない…という人も多いかと思います。

本記事では、海外で過去に15回以上WiFiをレンタルしてきた私が、ドイツのネット事情とあわせて、ケース別に選び方のポイントを解説します。

結論から言うと…

がオススメです!

※本記事は、海外WiFiレンタルについて、ある程度知っていることを前提に書いているため、基礎の基礎から解説してほしいという方は、「はじめての海外WiFiレンタル~おすすめな人&選び方のポイントを解説~」の記事からにご覧ください。

 

WiFiレンタルは必要?ドイツのインターネット事情

海外用ポケットWiFiを片手にドイツを旅してきた私ですが、

WiFiレンタルは必要なのか?という問いについては、「無くても旅はできるが、借りたほうが断然便利」と答えます。

WiFi

実は、ドイツには欧米の中でもとりわけ厳しい著作権法があり、違法ダンロードが行われた際、その責任を取るのは、WiFiサービスを提供した側 (管理者) にあるとされてきました。

そのような背景から、ドイツではフリー (無料) WiFiの導入がなかなか進まない、という状況が長年続いていました。

現在はその法律も緩和されつつあり、年々フリーWiFiが利用できる場所も増えてはいますが、他のヨーロッパ諸国と比較すると、WiFiスポットの設置がそれほど進んでいない印象です。

ドイツのフリーWiFiスポット例
  • 空港 (例:フランクフルト空港、ミュンヘン空港、デュッセルドルフ空港 等)
  • ホテル等の宿泊施設
  • 街中のカフェレストラン
  • 公共交通機関 (例:駅構内)
  • 公園等の公共施設

さらに気をつけるべき点として、フリーWiFiは誰でも気軽に利用できる反面、

  • 電波が貧弱すぎて、使い物にならない場合がある (※通信速度は日本の方がサクサク快適な印象)
  • 会員登録作業 (メールアドレス・電話番号等の入力を求められる) が必要な場合がある
  • WiFi接続ページがドイツ語しか対応しておらず、必要事項を入力して接続完了するまでの作業に苦戦する場合がある
  • ホテルの宿泊者向けWiFiは、ロビーやフロントなどの共有スペースでしか接続できない場合がある
  • セキュリティリスクが高く、個人情報を盗まれてしまう場合がある

等々のデメリットもあります。

また、ネット環境が必要な際に、必ずしもその場所にフリーWiFiが飛んでいるとは限らない為、その都度WiFiを探す手間が発生します。

フリーWiFiを探す

旅先で道に迷ったり、トラブルに巻き込まれてしまった際、肝心な時にネットが使えない!・・・なんて事態は避けたいですよね。

とりわけ個人旅行の場合、イレギュラーな事態が起こりうる海外で、フリーWiFiのみに頼るのは得策ではないでしょう。

いかなる時でも常にネットが使えるよう、WiFiをレンタルしておくと安心です。

実際に利用してみて、どんなときにWiFiが役立ったのか、こちらの記事で具体的な活用シーンを紹介しています

海外旅行 インターネット

海外旅行にWiFi(インターネット環境)は必要?~私が個人旅行で異国の地を自由に旅できる理由~

2017年11月19日

旅行中、日本人にはたびたび遭遇していましたが、私と同じようにポケットWiFiをレンタルしている人を多数見かけました。

 

ドイツで使えるポケットWiFiレンタルをケース別に比較

ここからは、ドイツで使えるポケットWiFiレンタルを提供している3社を比較していきたいと思います。

ケース①:安価にレンタルしたい

MAYA SYSTEMの jetfi (ジェットファイ) は、2016年夏にサービスが開始され、まだまだ歴史が浅い商品ではありますが、

料金面で他社と差をつけており、近年 旅行者たちの間で注目度が高まっています。

ドイツグローバル(世界周遊)プランの対応国に含まれます

jetfi グローバルプラン料金表(2019.8.1時点)

(※2019年10月時点の料金、通信容量・利用料金は1日あたり)

しかしながら、他社と比べて安いとなると、安かろう悪かろうなのでは?と不安になる方もいると思うのですが、

利便性は過去にレンタルしたことのあるWiFi会社と比較しても劣っておらず、快適に利用することができました。

標準で高速4G回線 (一部地域では3G) に接続でき、平均点以上のスペックを携えている為、万人におすすめできるWiFiだと思います。

WiFiレンタルの申込みは、公式サイトより受け付けています

jetfi (ジェットファイ) 公式サイト

jetfiの詳細は、こちらの記事にまとめています

安かろう悪かろう? jetfiを実際にレンタルして使ってみたレビュー

2019年8月1日

 

ケース②:必要に応じてデータ通信量をカスタマイズしたい

グローバルWiFiイモトのWiFiは、渡航中に通信容量の追加購入 (チャージ) できるサービスを行っています。

  • 「予想以上に利用しすぎて、途中で1日分のデータ通信量を使い切ってしまったらどうしよう…そんな不安から解放されたい」
  • 「でも、無制限プランが必要なほどヘビーユーザーじゃないし…」

・・・という方におすすめです。

仮にその日の契約容量を使い切ってしまったとしても、追加購入を行えば速度制限が解除されるので、再び快適なインターネット利用が可能となります。

通信容量の追加購入 図解

追加購入に関する各社の特徴をまとめると、下記のようになります。(※2019年10月時点)

 グローバルWiFiイモトのWiFi
追加購入できる容量500MB または 1.1GB500MBのみ
追加料金 (500MBの場合)通常プラン (300MB) の方650円500円
大容量プラン (600MB) の方500円
超大容量プラン (1.1GB) の方400円
追加容量の翌日繰り越し不可

→→横にスクロールしてご覧ください→→

※グローバルWiFiは、申し込み時に選択した通信容量プランによって、追加料金が異なります。

注意:チャージ機能が利用できないケース

  • チャージ機能に対応していない端末 (WiFiルーター) が届いた場合【2社共通】

→サポートセンターに問い合わせたところ、申込時に「ご要望欄」「備考欄」等のスペースに、利用可の端末を希望する旨を記載すれば、優先的に貸出し可能だそうです。(※ただし2社共に確約は出来かねます)

  • 3G (中速) プランを利用の場合【グローバルWiFi】
  • 海外現地受取を選択した場合【グローバルWiFi】
  • 空港カウンターで申し込みをした場合【イモトのWiFi】

WiFiレンタルの申込みは、公式サイトより受け付けています

 

ケース③:サポート面を重視したい

業界最大手の(株)ビジョンが提供するグローバルWiFiは、きめ細やかなカスタマーサポートに定評があります。

グローバルWiFi カスタマーサポート

私自身、過去にWiFiレンタルを利用していてトラブルが起きた経験は無いのですが、

万が一、渡航先でWiFiルーターが壊れた!紛失した!などのトラブルが発生した場合でも、サポート体制が充実していると安心ですよね。

各社のサポート体制を比較すると、グローバルWiFiが最も手厚く、LINE等のチャットで気軽に問い合わせができるのは大きなメリットです。

各社のサポート体制
  • jetfi (ジェットファイ):24時間 365日/ 国際電話・メール
  • イモトのWiFi:24時間 365日 / 国際電話・メール
  • グローバルWiFi:24時間 365日 / 国際電話・メール・LINE・Skype

WiFiレンタルの申込みは、公式サイトより受け付けています

グローバルWiFi公式サイト

補足

海外から国際電話をかける際、私のオススメは通話アプリを使うこと!

WiFi環境さえあれば、いつでもどこでも格安通話が可能です。詳細はこちらの記事をご覧ください。

国際電話を格安に!海外旅行先での通話は「LINE Out」が大活躍

2019年8月10日

 

ケース④:ドイツ以外の国も周遊したい

陸続きのヨーロッパですので、ついでにドイツ以外の国も周遊するよ!という方におすすめなのは、

ケース①でも紹介した jetfi (ジェットファイ)グローバル(世界周遊)プランです。

jetfi グローバルプラン料金表(2019.8.1時点)

(※2019年10月時点の料金、通信容量・利用料金は1日あたり)

補足

周遊はしない人でも、経由便で日本からドイツへ行く場合は、どこかしらの国で乗継ぎ (トランジット) をすることになります。

その乗継ぎ国でもネット利用が可能です。

jetfiのグローバル(世界周遊)プラン周遊旅に最適な理由を下記にまとめると、

複数国で利用しても料金一律

対応国ならば、何ヶ国で利用しようと料金は一律です。

そもそも1ヶ国 (ドイツ) 単体の利用で借りたとしても安いのですが、複数国で利用 (周遊) すれば、さらにコストパフォーマンスが上がります。

(※他社の場合、周遊プランにすると料金が跳ね上がることも多い)

1台ですべての対応国を網羅

ルーター&充電器セットをそれぞれの国数分持たされる、といったことは一切無く、1台すべて完結します。

私が過去に他社の周遊プランを利用した際に、国数分のルーターを持たされて煩わしい思いをした経験があるため、

ルーター1台で網羅できる国数が多いというのは、荷物が減ってとても有難いです。

ܤ ܤ ܤ ܤ ܤ

このようにメリットを挙げれば挙げるほど、jetfiはまさに周遊旅の為にあるようなレンタルWiFiだと思います。

補足

jetfiには、グローバルプランの他に「容量無制限プラン」があり、ドイツも対応国に含まれてはいるのですが、周遊利用不可となります。

WiFiレンタルの申込みは、公式サイトより受け付けています

jetfi (ジェットファイ) 公式サイト

jetfiの詳細は、こちらの記事にまとめています

安かろう悪かろう? jetfiを実際にレンタルして使ってみたレビュー

2019年8月1日

 

ドイツのWiFiレンタルは事前にネット予約がおすすめ!

WiFiレンタルは、空港カウンターでの当日申込みを受け付けている会社 (グローバルWiFi・イモトのWiFi) もありますので、

出発当日に空港で申込みすればいいや!」…と考えている方もいらっしゃると思います。

ですが、結論から言ってしまうと 事前にネット予約するのがおすすめです。

 

理由①:オトクな特典が受けられる

ネット予約の場合、早期割引などのキャンペーンが適応されるため、出発当日に借りるよりもお安くレンタルすることができます。

グローバルWiFiは、最も直前まで早割りが適応され、ドイツは1日あたり200円の割引です。

早割りの期限は、

  • 空港受取:3日前の15時~前日15時まで (※空港によって異なる)
  • 自宅受取:4日前の15時~3日前の15時まで (※地域によって異なる)

イモトのWiFiは、最大で20%OFF最も割引率が高く、早ければ早いほどオトクになります。

予約日割引率
30日前10%OFF
45日前15%OFF
60日前20%OFF
注意

  • jetfi (ジェットファイ) に早割の制度はありませんが、空港カウンターにて出発当日申込みは不可です(=要事前予約)。必ず事前に予約しておきましょう!
  • イモトのWiFiのチャージ機能は、空港申込みの場合は対象外となってしまいます。

 

理由②:在庫切れの可能性

場合によっては、在庫切れで借りれないケースもあります。

また、仮に在庫があったとしても、とりわけ繁忙期 (GW・夏休み・年末年始) はカウンターが混雑する為、待ち時間を含めて手続きに1時間以上要することもあります。

このような理由から、旅行の日程が決まり次第、早めに申込みしておくことをおすすめします。

ܤ ܤ ܤ ܤ ܤ

では改めて、ここまでに説明した内容を踏まえて、

ドイツ旅行におすすめのWiFiレンタルをケース別にまとめると、下記のようになります。

WiFiレンタルの申込みは、各公式サイトより受け付けています

自分の用途・目的に合わせて、最適なレンタルWiFiを選んでみてくださいね^^

 

WiFiを選んだの、予約時から~現地で使うまでの注意点を、時系列にまとめてみました

海外旅行でWiFiをレンタルする際の注意点まとめ

通信容量の目安について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください

どれくらい必要?海外WiFiレンタルの通信容量を選ぶ際の目安

海外WiFiレンタルについて、基礎の基礎から解説してほしいという方は、こちらの記事をご覧ください

はじめての海外WiFiレンタル~おすすめな人&選び方のポイントを解説~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です