海外旅行にレンタルWiFiを持っていくメリットとは?~役に立った利用シーンを紹介!~

レンタルWiFi

本記事では、海外旅行の際にレンタルWiFiを借りるメリットについて解説します。

今までに何度もレンタルした経験がある私が、実際に使ってみて役に立った、具体的な利用シーンをご紹介!

レンタルWiFiの必要性に疑問を持つあなたの、参考になれば幸いです。

 

海外旅行にレンタルWiFiは必要?

最近、友人から「海外旅行に行くんだけど、レンタルWiFiって必要なのかな?」という相談をされることがあります。

その答えを話す前に、私が問いかけることはただ1つです。

“滞在中、いつでもどこでもネットを使いたいかどうか?”

機能面とか価格の話はとりあえず置いとき、重要なのは、「常に」ネットが使える環境が必要なのか。これに尽きます。

「1日1回、家族や友人からのLINEやメールが確認できればよい」くらいの程度なら、特にWiFiをレンタルする必要も無いかと思います。

最近は、発展途上国でも、

  • 空港
  • ホテル
  • レストラン

等々で、無料で使えるWiFiがそれなりに普及していますので、比較的容易にネット通信が可能です。

補足

  • 電波が弱すぎて繋がらないケースもあります。
  • 中にはセキュリティー面が弱いものもある為、利用する際は自己責任です。
  • 政府による強力なネット規制がある中国においては、公共のWiFiが使えないケースもあります

>>参考記事:中国のインターネット事情と、おすすめレンタルWi-Fi

逆に、旅行中でも仕事のメールを確認しないといけないサラリーマンのような、常にネット環境を必要とする人は、WiFiをレンタルしたほうが無難かと思います。

 

旅行スタイルによって変わる、ネットの利用頻度

前トピックは、「日本にいる家族・友人・仕事と、自分がどれだけの頻度で繋がりたいか」という観点のお話でしたが、海外でWiFiを使う目的は、もちろんそれだけではありません。

代表的なのは、旅行中に行う調べ事リサーチでネットを使うケースです。

 

まず前提として、海外旅行の「スタイル」をざっくり区分すると、

  1. 旅行会社のパッケージツアーで周る
  2. 個人旅行(自己手配)で周る

2つに分けられるのですが、この旅行スタイルのが、ネットの利用頻度に大きな影響を及ぼします。

旅のスタイル

まず、添乗員付きパッケージツアーに参加する場合ですが、私の経験上、現地で調べ事をすることはほとんどありません。

受け身でいても、添乗員さんが何から何までお膳立てしてくれますし、仮に現地でトラブルがあったとしても、自らがその問題を解決すべく奔走する必要もありません。

しかし、個人旅行においてはそういったわけにはいきません。

添乗員もガイドもいないので、自分のことはすべて自分でやらなければならず、必然的にスマホに頼る機会が増えます。

あくまで個人的な意見ですが、個人旅行で周る人は、いかなる時でも常にネットが使えるよう、WiFiをレンタルすることをオススメします。

 

レンタルWiFiが役立った、具体的な利用シーン

私は「個人旅行」派なのですが、実際に旅をしてみて、レンタルWiFiを借りて良かった!!!と思ったシーンをご紹介します。

地図アプリを最大限に活用

一昔前までは、旅人が目的地まで迷わずに辿り着くための手段として、「の地図」を見ることが一般的でした。

  • ガイドブックの地図ページ
  • 現地の観光案内所等で貰える観光MAP

等々がその例です。

地図

実際、今でも紙の地図を使うこともあるのですが、最近の私はもっぱら電子地図派です。

初めて行く場所に土地勘は無いので、街歩きの際は、とりわけ「Google Map」を重宝しています。

紙の地図のデメリットは、自分の現在地が地図上のどこにあるのか、分からなくなってしまうときがあること。

 

Google Mapの場合、「地図情報」はもちろんのこと、「自分の現在地」もGPSでしっかり把握できるので、方向音痴さんには有難い機能です。

自分が正しい方向に進んでいるかどうかを知ることができるので、目的地に向かう道中で不安な気持ちにならずに済みます。

ここ数年で、

  • オフラインでも使える地図アプリ「maps.me」の登場
  • Google Mapにもオフライン機能が追加 (※事前にデータのダウンロードが必須)

等々、オフラインでの地図機能の利便性が格段に上がっていますが、

実際に利用してみた感想として、場所によっては地図が上手く開けないときがあるのです。

やはり、オンラインのGoogle Mapが最強ですね!

 

とっさのリサーチに

私の場合、出発前にある程度のリサーチは済ませておくのですが、どんなに前準備をしようとも、「そういえば〇〇ってどうなんだろう…?」というように、現地で調べたい事が山ほど出てくるもの。

リサーチ

レンタルWi-Fiがあれば、いつでもどこでもネットリサーチが可能で、疑問を即解消できます。

 

友人との待ち合わせに

団体旅の場合、グループごとに別行動を取る際に、いつでも連絡が取り合えて便利です。

また、グループの人数が4人を超えた場合、タクシー1台に全員が乗り切ることはできず、複数台に分かれて移動することになります。

ですが、レンタルWi-Fiを台数分借りて各タクシーごとに連絡を取り合えば、合流もスムーズに♪

Taxi

 

「固定電話」や「携帯」に電話がかけられる

個人旅行をしていると、現地で電話をかける必要が出てくるときがあります。

私が経験した例をいくつか挙げると、

  • 飛行機が遅延し、ホテル到着が深夜になりそうな予感。メールだと読んでもらえない可能性があった為、ホテルにその旨を電話した。
  • 田舎すぎてタクシーが常駐していなかったので、現地のタクシー会社に電話して、隣町からタクシーを呼び寄せた。
  • 往復でタクシーを予約していた際に、運転手と待ち合わせ場所を決めてはいたが、いざ行ってみると、同じような車が多すぎて自分のタクシーがどれか分からず、運転手の携帯に電話した。
  • スカイダイビングをする際、ダイブできるかは天候に左右されるため、集合時間の30分前に現地催行会社に電話し、決行されるかの確認を取れと言われた。

これはあくまで「一部」なので、実際はもっとあります。意外と、電話を使うシーンは多いのです。

電話

必要になった時に、

  • フリーWiFiがあるお店を探したり、
  • 見知らぬ現地の人に頼み込んで電話を借りる、

という手段もあるのですが、自分のスマホを使って電話するのが一番手っ取り早いですね。

補足

海外から電話をかける際、国際電話を使ってはいけません。場合によっては、高額請求の原因になってしまいますよ!

私のオススメは、インターネット回線で格安通話ができるLINE Outを使うこと!

WiFi環境さえあれば、「固定電話」や「LINEを利用してない携帯電話」にも電話をかけることができます。

国際電話はもう古い?!海外旅行先での通話は「LINE Out」が格安!

2018.02.07

 

最後に

ぶっちゃけ、レンタルWi-Fiが無くても旅はできます。

そもそも数十年前までは、スマホどころかガラケーすら無かったので、昔の旅人は、本と口コミだけの情報を頼りに旅をしてきたわけなんですから。

ですが、ネットが万人に普及し安価で利用できるようになった今、レンタルWi-Fiがあると、いざというときに助かるのは事実です。

また、オンラインでしか使えない様々なアプリ・機能を活用し、効率的に旅をすることが可能です。

つまり、お金で「便利さ」を買えるのが、レンタルWiFiというサービスなのです。

レンタルWi-Fiを利用し、より快適な旅行にしちゃいましょう♡

 

海外レンタルWiFiの選び方に関しては、こちらの関連記事をご覧ください。

海外旅行に便利な「レンタルWiFi」をケース別に比較!~あなたにピッタリな機種の選び方~

2017.11.14

WiFiを選んだ後の、予約時から~実際に現地で使うまでの注意点を、時系列にまとめてみました。

海外旅行でレンタルWiFiを借りる際の「注意点」まとめ

2017.11.18

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です