中国旅行におすすめのWiFiレンタルと、知っておきたいインターネット事情

中国のおすすめWiFiレンタル

旅行者にとって厄介な、中国政府によるインターネット規制

旅行中や出張中に、インターネットに接続できなかったり、日本にいる家族や友人と連絡が取れなかったりしたら困りますよね。。。

でも、安心してください!

私は過去に何度も中国を訪れていますが、毎回レンタルしている海外用ポケットWiFiのおかげで、日本にいる時と同じようにネット利用が可能となっています。

本記事では、中国のネット事情とあわせて、ケース別に選び方のポイントを解説します。

結論から言うと…

がオススメです!

 

中国のインターネット事情

中国を旅行する際に厄介なのが、中国政府によるインターネット規制です。

俗に「金盾(きんじゅん / グレートファイヤーウォール)」とも呼ばれます。

中国の金盾

中国では、数万人規模のサイバーポリスが、インターネット上の不都合な情報などを監視・排除していると言われています。

(※ネット規制は、香港とマカオは対象外。中国本土のみです)

中国で規制対象となっているサービスの例
  • LINE
  • SNS (Facebook / Twitter / Instagram等)
  • Youtube
  • Dropbox
  • Google関連のサービス全般 (Gmail、Google map、Googleスプレッドシート、Googleカレンダー等)

都会と田舎で差はあれど、今や中国のネット環境はかなり発達していますが、いくらネット環境が整っていようとも、そこには強力なネット規制があります。

ですので、何の対策も行わずにホテルやレストラン等のフリーWiFiにあやかろうと思っても、規制の盾(金盾)に完全にノックアウトされてしまいます。

中国のネット規制

私は中国旅行中、試しに対策無しで公共のフリーWiFiに接続しようと試みましたが、規制対象となっているサイト・サービスはあっけなく全滅でした。

また、ネット規制のみならず、中国のフリーWiFiは利用時に中国の携帯電話でのSNS認証が必要な場合も多く、外国人旅行者にとってはなかなかハードルの高い状況となっています。

ネットが繋がらない

 

中国で使えるおすすめWiFiレンタル3社

旅を快適に彩ってくれるはずのインターネットが満足に使えないとなれば、旅行者にとっては死活問題なのですが、

この規制をいとも簡単に回避することができる、WiFiレンタルサービスを行っている会社があります。

各社にネット規制を回避できるプランがあり、おすすめは下記の3社です。

規制回避プランを設けている会社
補足

以前までは、VPN接続を用いるのがメジャーな規制回避策でしたが、近年その傾向が変わりつつあり、3社共 従来のVPNの仕組みとは異なる通信技術を採用しています。

VPNとは何ぞや?という方は、こちらの記事をご覧ください

ネット規制のある国で不便を回避!海外で使えるVPNサービスとは?【初心者向けに基礎から解説】

2019.02.07

※ややこしいのですが、 jetfi (ジェットファイ) はプラン名に “ VPN ”というネーミングがついているにもかかわらず、規制回避の仕組みは一般的なVPNとは全く異なります

各社が利便性を追求した結果、VPNを用いた規制回避方法のデメリットが解消され、より快適なネット利用が可能となっています。

「3社共通」のおすすめポイント
  • 面倒な初期設定 (VPN設定) は不要で、到着後そのまま使える
  • VPN接続と比べて通信環境が改善されており、安定した通信を提供

 

中国WiFiレンタル各社の料金形態 (料金の決まり方)

各WiFiレンタルの詳細な説明は後ほど行いますので、まずは前述した3社の料金を表にまとめてみました。

→→横にスクロールしてご覧ください→→

  jetfi グローバルWiFi イモトのWiFi
レンタル料 3G 300MB   1,270円  
600MB   1,570円  
4G 300MB   1,570円  
500MB 1,280円   1,470円
600MB   1,770円  
1GB     1,780円
1.1GB   1,970円  
無制限   2,470円  
  jetfi グローバルWiFi イモトのWiFi
受取手数料 空港受取 0円 500円 500円
宅配受取 600円 1,000円 500円
東京本社受取     0円
返却手数料 空港返却   0円 0円
宅配返却 実費 実費 実費
郵便ポスト返却 650円    
東京本社返却     0円
端末補償(オプション) 300~700円 200~500円 200~500円
  jetfi グローバルWiFi イモトのWiFi

→→横にスクロールしてご覧ください→→

(※2019年8月時点の料金、通信容量・レンタル料は1日あたり)

補足

前提として、WiFiレンタルは使い放題ではありません。(※グローバルWiFiの無制限プランを除く)

大半は容量制を設けており、「1日あたり〇〇MBまで」等々、その会社ごとに上限のルールが決まっています。

上記3社も、容量別に料金プランが設定されています。

料金形態 (料金の決まり方) については、3社共に、主に利用日数に比例して金額が決まります。

料金形態1

ベースとなるレンタル料金の部分は、

  • 通信速度:3G / 4G-LTE
  • 1日あたりの通信容量の上限:300MG / 350MG / 500MG / 600MG / 1.1GB / 無制限
  • オプション (任意) の有無

によって金額が変わります。

(もちろん、通信速度が早ければ早いほど、通信容量の上限が大きければ大きいほど、レンタル料金も上がります)

加えて、送料等々の別途料金が加算されます。

 

ケース別に比較!中国WiFiレンタル

では、ここからは各社の特徴を踏まえて、ケース別選び方のポイントを解説します。

自分に合ったサービスを選ぶ参考にして頂ければ幸いです。

 

ケース①:安価にレンタルしたいなら「jetfi」

高速通信 (4G-LTE) かつ 最も料金が安いのが、jetfi (ジェットファイ)です。(※2019年7月時点)

jetfi 中国VPNプラン(2019年7月時点)

しかしながら、他社と比べて安いとなると、安かろう悪かろうなのでは?と不安になる方もいると思うのですが、

利便性は過去にレンタルしたことのあるWiFi会社と比較しても劣っておらず、快適に利用することができました。

平均点以上のスペックを携えている為、万人におすすめできるWiFiだと思います。

WiFiレンタルの申込みは、公式サイトより受け付けています

jetfi (ジェットファイ) 公式サイト

jetfi の詳細は、こちらの記事にまとめています

jetfi(ジェットファイ)中国VPNプランの特徴・レビュー

2019.08.03
補足

但し、早期割引 が適応される場合は、イモトのWiFiが最も割引率 (45日前 15%OFF / 60日前 20%OFF) が高くオトクです。

 

ケース②:現地でたくさん通信したいヘビーユーザーなら「グローバルWiFi」

ヘビーユーザーにおすすめなのは、容量無制限プランのあるグローバルWiFiです。

スマホ・PC等の電子機器を一度に5台まで同時接続可能ですので、グループ旅行にもピッタリです。(※ jetfi・イモトのWiFiも同時接続は可能です)

グローバルWiFi 無制限プラン

グローバルWiFiは、通信速度別 (3G / 4G-LTE)・通信容量別 (300MB / 600MG / 1.1GB / 無制限) によって細かな料金設定・プランがありますが、

3Gは、4G-LTEと比べてだいぶ速度が遅いので、個人的にはあまりおすすめしません。

WiFiレンタルの申込みは、公式サイトより受け付けています

グローバルWiFi公式サイト

グローバルWiFiを利用した感想は、こちらの記事にまとめています

グローバルWiFiの中国プランを上海で利用♪レンタルした感想&レビュー

2018.09.15

※グローバルWiFiは、2018年までVPN接続を用いた規制回避プランを提供していましたが、現在は終了しています。この記事は当時のVPNプランを利用した感想となります。

補足

厳密には、jetfi・イモトのWiFiにも無制限プランがあるのですが、中国政府によるネット規制を回避する機能が備わっていない為、仮に中国に持っていったところで、規制対象となっているサービス (LINE、Google、Youtube等) は利用することができません。

 

ケース③:必要に応じてデータ通信量をカスタマイズしたいなら「イモトのWiFi」

イモトのWiFiには、必要に応じて 通信容量の追加購入ができる、画期的なサービスがあります。

イモトのデータチャージ(2019年8月時点)
  • 「予想以上に利用しすぎて、途中で1日分のデータ通信量を使い切ってしまったらどうしよう…そんな不安から解放されたい」
  • 「でも、無制限プランが必要なほどヘビーユーザーじゃないし…」

・・・という方におすすめです。

 その日のデータ通信量を使い切ってしまったとしても、追加でデータチャージ (イモチャージ) を行えば、再びネット利用が可能となります。

イモトのWiFi データチャージ図解
データチャージの詳細
  • 1チャージ (500MB) で500円 (※2019年8月時点)
  • 事前申込みは一切不要
  • 1日に何度でもチャージ可能
  • 手続きは簡単!(電話やメールでの連絡は不要。1日分の容量を使い切った際に自動で表示される画面からスムーズに手続き)
  • 追加した容量は購入当日(日本時間) のみの利用。翌日繰り越し不可
補足

一部の端末(WiFiルーター) では、チャージ機能が利用できない場合があります。

サポートセンターに問い合わせたところ、申込時に「ご意見・ご要望欄」スペースに、利用可の端末を希望する旨を記載すれば、優先的に貸出し可能だそうです。(※ただし確約は出来かねます)

WiFiレンタルの申込みは、公式サイトより受け付けています

イモトのWiFi公式サイト

 

中国のWiFiレンタルは事前にネット予約がおすすめ!

WiFiレンタルは、空港カウンターでの当日申込みを受け付けている会社 (グローバルWiFi・イモトのWiFi) もありますので、

出発当日に空港で申込みすればいいや!」…と考えている方もいらっしゃると思います。

ですが、結論から言ってしまうと 事前にネット予約するのがおすすめです。

 

理由①:オトクな特典が受けられる

ネット予約の場合、早期割引などのキャンペーンが適応されるため、出発当日に借りるよりも断然オトクです。

(※先ほど提示した料金比較表の価格よりも、さらにお安くなります!)

グローバルWiFiの場合、最も直前まで早割りが適応され、1日あたり200円の割引です。

早割りの期限は、

  • 空港受取:3日前の15時~前日15時まで (※空港によって異なる)
  • 自宅受取:4日前の15時~3日前の15時まで (※地域によって異なる)
グローバルWiFi 中国早割(2019年7月)

イモトのWiFiは、最大で20%OFF最も割引率が高く、早ければ早いほどオトクになります。

30日前の予約で10%OFF45日前の予約で15%OFF60日前の予約で20%OFFです!

イモトのWiFi 中国早割
注意

  • jetfi (ジェットファイ) に早割の制度はありませんが、空港カウンターにて出発当日申込みは不可です(=要事前予約)。必ず事前に予約しておきましょう!
  • イモトのWiFiのデータチャージ機能は、空港申込みの場合は対象外となってしまいます。

 

理由②:在庫切れの可能性

場合によっては、在庫切れで借りれないケースもあります。

また、仮に在庫があったとしても、とりわけ繁忙期 (GW・夏休み・年末年始) はカウンターが混雑する為、待ち時間を含めて手続きに1時間以上要することもあります。

このような理由から、旅行の日程が決まり次第、早めに申込みしておくことをおすすめします。

 

補足申込時に注意すべきこと

プラン選択の画面で、選択肢の中に規制回避付ではないプランも含まれていますので、誤って申し込まないように気を付けましょう。

jetfi (ジェットファイ)を申込む際は、【中国VPN】プランを選択してください

jetfi 中国プラン選択

 

グローバルWiFiを申込む際は、【特別回線】プランを選択してください

グローバルWiFi 中国プラン(2019年7月時点)

 

イモトのWiFiを申込む際は、【中国プレミアム回線】プランの【あり(推奨)】を選択してください

イモトのWiFi 中国プラン(2019年7月時点)

ܤ ܤ ܤ ܤ ܤ

では改めて、ここまでに説明した内容を踏まえて、

中国旅行におすすめのWiFiレンタルをケース別にまとめると、下記のようになります。

WiFiレンタルの申込みは、各公式サイトより受け付けています

自分の用途・目的に合わせて、最適なレンタルWiFiを選んでみてくださいね^^

jetfi(ジェットファイ)中国VPNプランの特徴・レビュー

2019.08.03

グローバルWiFiの中国プランを上海で利用♪レンタルした感想&レビュー

2018.09.15

海外旅行でWiFiをレンタルする際の「注意点」まとめ

2017.11.18

パターン別で徹底解説!中国のトイレ事情とその対処法

2016.11.04

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です