中国のインターネット事情と、おすすめWiFiレンタル~VPNで規制を回避!~

中国のおすすめWiFiレンタル

旅行者にとって厄介な、中国政府によるネット規制

旅行中に家族や友人と連絡が取れなかったり、仕事のメールが見れなかったりしたら困りますよね。

そんなネット規制を上手く回避し、快適な中国ライフを送る方法について紹介します。

前置きはいいから、とりあえずおすすめのレンタルWiFi会社が知りたい!という方は、「中国で使えるWiFiレンタル」をクリックすると、該当箇所にジャンプできます。

 

中国のインターネット規制は徹底的

本題に入る前に、まずは中国のインターネット事情について説明します。

中国に旅行する際に厄介なのが、中国政府によるインターネット規制です。

俗に「金盾(グレートファイヤーウォール)」とも呼ばれます。

中国の金盾

中国ではインターネットに対する検閲が行われており、数万人規模のサイバーポリスが、インターネット上の不都合な情報などを監視・排除していると言われています。

(※ネット規制は、香港とマカオは対象外。中国本土のみです)

中国からブロックされているウェブサービスやサイトは、基本的に中国からのアクセスはできないと考えてください。

 

中国で規制対象となっているサービス

中国のインターネット規制

日本では当たり前のように使えるサービス&ウェブサイトも、中国本土では利用不可のものが数多くあります。

  • LINE

今ドキ、LINEを使っていない人はほぼいないんじゃないでしょうか。

メール(チャット)・電話の殆どをLINEで済ませている、という人が大半かと思うので、これが一番困ります。

  • Google関連のサービス全般

旅行先でGoogle mapが使えないというのは致命的です。もちろんGmailも使えません。

また、仕事でGoogleカレンダー・Googleスプレッドシート等を使用している人にとっては困りモノです。

  • FacebookTwitterInstagram等のSNS、YoutubeDropbox

日本ではおなじみのこれらのサービスも、中国国内では一切使えません。

* … * … * … * …*

いずれにしても、旅行者含め、仕事の出張・留学など、中国で生活する日本人には不便極まりありません。

 

中国旅行にWiFiをレンタルするメリット

海外でいつでもどこでもネットが使えるという便利さから、私は中国旅行に限らず、旅行の際には必ずレンタルWiFiを借りていきます。

海外旅行にレンタルWiFiを持っていくメリットについては、こちらの関連記事をご覧ください

海外旅行にWiFiレンタルを持っていくメリットとは?~役に立った利用シーンを紹介!~

2017.11.19

しかしながら、レンタルWiFiを借りれば、もちろんお金がかかります。

なので、「ホテルやレストラン、空港等のフリーWiFiを利用すれば、1日1回くらいはネット使えるし、それで十分。常時ネットに接続出来なくてもいいから、べつにレンタルWiFiなんて要らないよ」

と考える人もいるでしょう。

都会と田舎で差はあれど、中国のネット環境はかなり発達しており、街中にはフリーWiFiスポットがありますし、大半のホテルに宿泊客向けのWiFiが完備されています。

WiFi

しかし、いくら中国でネット環境が整っていようとも、そこには強力なネット規制があります。

ですので、ホテル等のフリーWiFiにあやかろうと思っても、規制の盾(金盾)に完全にノックアウトされてしまいます。

中国のネット規制

私は中国旅行中、全てのホテルでフリーWiFiに接続しようと試みましたが、どれ1つとして、LINEやFacebook等に繋がったWiFiはありませんでした。

レストランや、空港のフリーWiFiも全滅でした。

ネットが繋がらない

ですので、

  • 渡航中に連絡が取れないと家族が心配する
  • 仕事上、どうしてもネット環境が必要なサラリーマン
  • 彼氏と毎日連絡が取れないなんて耐えられない!ってタイプの女の子(笑)

は、レンタルWiFiを借りておくことをオススメします。

 

中国で使えるWiFiレンタル~ネット規制の回避方法~

中国旅行や中国出張でレンタルWiFiを使う際に、覚えておかないといけないことは、記事の冒頭にも書いたような「ネット規制」があることです。

しかし、この規制をいとも簡単に回避することができる、WiFiレンタルサービスを行っている会社があります。

各社 様々な規制回避機能を用いて中国でのネット接続を可能としており、壁越えの方法は大きく2つに分けられます。

  1. VPNサービスを利用する
  2. 国際ローミング通信を利用する

 

VPNサービスを利用する (グローバルWiFi / イモトのWiFi)

VPNとは、バーチャル・プライベート・ネットワークの略で、直訳すると「仮想専用線」です。

専用の仮想トンネルを作って金盾をすり抜け、国外のサーバー経由でお目当てのサイトに接続します。

中国のネット規制 VPN

※語り出すと専門的な話になってしまうので、とりあえずは「中国の検閲を回避できるサービス」だと理解しておけばOKです。

このVPNサービスを利用したプランがあるのは、グローバルWiFiイモトのWiFiで、

レンタル時に自分専用のVPNが配布されますので、それを用いて規制を回避することができます。

▼自分専用のVPN

グローバルWiFi VPN

グローバルWiFiの詳細

  • 3G(VPN付):1,270円 / 日、250MB / 日
  • 3G 大容量(VPN付):1,570円 / 日、500MB / 日
  • 4G-LTE(VPN付):1,570円 / 日、250MB / 日
  • 4G-LTE 大容量(VPN付):1,770円 / 日、500MB / 日
  • 4G-LTE 超大容量(VPN付):1,970円 / 日、1GB / 日

▼申込む際は、必ず「VPN付」プランを選択してください

グローバルWiFi 中国プラン(2018年7月時点)

グローバルWiFiの詳細を見る

海外向けWi-FiレンタルのグローバルWiFi

グローバルWiFiを利用した感想は、こちらの記事にまとめています

グローバルWiFiの中国VPN付プランを上海で利用♪レンタルした感想&レビュー

2018.09.15

 

イモトのWiFiの詳細

  • 3G 大容量:680円 / 日、500MB / 日
  • 3G 超大容量:980円 / 日、1GB / 日
  • 4G-LTE 大容量:1,280円 / 日、500MB / 日
  • 4G-LTE 超大容量:1,580円 / 日、1GB / 日

さらに、上記の価格に加えて、「中国ワンタイムVPN」というオプション代が 300円+税 / 日 かかります。

イモトのWiFi 公式HPより

イモトのWiFi 中国ワンタイムVPNオプション

申込む際は、 STEP1【利用国・地域を選ぶ】で「中国」を選択後、【オプションを選ぶ】から「中国ワンタイムVPN」を追加してください。

イモトのWiFi 中国ワンタイムVPNオプション02

イモトのWiFiの詳細を見る

海外WiFiレンタルなら!イモトのWiFi

 

国際ローミング通信を利用する (エクスモバイル)

2つめの規制回避術は、VPNを使わず、国際ローミングという特別な回線で通信する方法です。

国際ローミングとは、海外の通信会社の設備を利用して、国内同様のサービスを受けられるようにした仕組みのことです。

※こちらも語り出すと専門的な話になってしまうので、あまり深くは考えないようにしましょう(笑)

 

エクスモバイルには、国際ローミング通信を利用したネット規制回避プランとして「中国データパック」という商品があります。

エクスモバイル公式HPより

エクスモバイル データパック(2018年7月現在)

一般的なレンタルWiFi会社とは異なり、容量型 (容量を事前に購入する形式)というのが珍しいです。

イメージでいうと、「プリペイドSIMカード」の レンタルWiFi バージョン、のようなものでしょうか。

容量の違いで、「2GBプラン(3,000円)」「4GBプラン(5,000円)」の2種類があります。

1日あたりの通信制限は無く、購入した容量の範囲内でネット利用が可能です。

 

さらに、上記表の価格に加えて、レンタル料が 198円 / 日 かかります。

【例】中国データパック2GBプランで、2018年1月1日~10日の 計10日間借りる場合、

「3,000円」+「198円 × 10日」=4,980円

という計算になります。

また、万が一途中で容量が足りなくなった場合でも、容量の追加購入を行えば再び利用できます。

 

▼申込む際は、必ず「データパック」プランを選択してください。

エクスモバイル 中国プラン (2018年7月)

エクスモバイルの詳細を見る

海外でのインターネット/wifiはエクスモバイル

 

エクスモバイルのレンタルWiFiを利用した感想は、こちらの記事にまとめています

エクスモバイルのWiFiレンタルを中国で検証!使ってみた感想&レビュー

2016.11.07

* … * … * … * …*

これらのWiFiをレンタルすれば、中国滞在中、日本にいる時と同じ様に、自由にインターネットを利用することが可能となります。

補足

前提として、レンタルWiFiは使い放題ではありません。

大半は容量制(利用制限有)を設けており、「1日ごとに〇〇MBまで」等々、その会社ごとに上限のルールが決まっています。

上記3社も、容量別に料金プランが設定されています。

 

一長一短?各サービスを3項目で比較

VPN」と「国際ローミング」、どちらもネット規制を回避できることに変わりないのですが、使用した際に、どのような違いが出てくるのでしょうか?

実際に両方とも使ってみた私としては、どちらがおすすめとは一概には言えず、一長一短あるなあ…と感じました。

ですので、各社サービスを3項目で比較してみました!

(※最後に料金比較表を掲載してますので、参考にしてみてくださいね♪)

 

初期設定(VPN設定)が必要か否か

中国以外の一般的な海外WiFiレンタルの場合、WiFiに接続する際に必要な作業は、たったの2ステップです。

  1. WiFiルーターの電源を入れる
  2. 自分のWiFiを探し、WiFiパスワードを入力

ハイ、超簡単ですね(笑)

 

しかし、VPNを利用した接続の場合、これに加えて さらに初期設定(VPN設定)が必要となります。

各社 同封された取扱いマニュアルにて設定手順が分かりやすく解説されているので、

普段からスマホを使いこなしている人にとっては問題無く完了できるとは思うのですが、設定に数分程度はかかります。

(※VPN設定は初めの一度だけで、その時にスマホ等の端末にVPNを記憶できる為、2回目の接続からは不要です)

逆に、ローミング通信を利用するエクスモバイルはそういった設定は不要ですので、一般的な海外WiFiレンタル同様、簡単に接続できます。

 

容量を節約できるか否か

繰り返しになりますが、

強力なネット規制がある中国においては、ホテル等のフリーWiFiにあやかろうと思っても、規制の盾に完全にノックアウトされてしまいます。

中国のネット規制

しかし、VPNサービスを利用したレンタルWiFiの場合、配布された自分専用のVPNを使い、

公共のフリーWiFiの規制までも回避するという合わせ技(笑)を使うことができます。

つまり、

フリーWiFiが無い場所:レンタルWiFi +VPN

フリーWiFiがある場所:フリーWiFi (ホテル等) +VPN

初期設定(VPN設定)が完了すれば、端末にVPNを記憶できる為、

WiFi環境がある場所では あえてレンタルWiFiを使わず、フリーWiFiに接続して容量を節約することが可能です。

補足

VPNとフリーWiFiの相性もあるので何とも言えませんが、この合わせ技によるネット接続は確約ではありません

接続するWiFiに関しては、弊社のWiFiを接続してのご利用を推奨しております。

弊社WiFi以外の施設WiFiサービス(例:ホテル内のWiFi)などでは、VPNがご利用頂けない場合があります。

引用:グローバルWiFiカスタマーサービスより

なので、確実に接続できる保証は無いですが、「公共のWiFiでVPNを試して見る」という行為そのものは問題無いです。(グローバルWiFi & イモトのWiFi 共にOK!)

逆に、VPNを使わないエクスモバイルは、そういった合わせ技は使えません。

 

複数人でシェアできるか否か

一般的な海外WiFiレンタルは、5人程度まで同時接続可能というケースが多く、1台を複数人シェアして使うことができます。

が!中国においては、気をつけるべき点があります。

グローバルWiFiの場合

  • VPNは、1アカウントで一人(1デバイス)の利用を推奨
  • 二人(2デバイス)以上の利用も可能だが、通信品質が低下する可能性もある

イモトのWiFiの場合

  • 一度にインターネットにアクセスできるのは、VPN 1アカウントにつき1名まで
  • 同時に複数の接続をする場合は、アカウントを追加する必要がある
  • アカウント追加の際は、1アカウントで申込後、イモトのWiFiにその旨を伝える

→つまり、「中国ワンタイムVPN」というオプション代( 300円+税 / 日 )が、人数分必要ということです。

イモトのWiFi 中国ワンタイムVPNオプション

エクスモバイルの場合

公式サイトによると、1台で複数人の利用可という記載がありました。

実際、私は友人4人とシェアして使いました。複数人で使うと、よりオトクに感じると思います。

* … * … * … * …*

▼そして、最後に上記3社の料金を比較するとこうなります。

中国レンタルWiFi比較表(2018年10月時点)

(※2018年9月時点の料金、税別)

スマホから閲覧している方、小さくてすみません! 指で画面をズームして読んでみてください。

レンタル料以外にも、送料等々の別途料金が発生するケースが多いので、そのあたりも加味して検討してみてはいががでしょうか?

 

WiFiレンタルは事前にネット予約がおすすめ!

WiFiレンタルは、空港カウンターでの当日申込みを受け付けている会社( グローバルWiFiイモトのWiFi )もありますので、「出発当日に空港で申込みすればいいや!」と考えている方もいらっしゃると思います。

ですが、結論から言ってしまうと 事前にネット予約するのがおすすめです。

 

理由①:オトクな特典が受けられる

ネット予約の場合、早期割引などのキャンペーンが適応されるため、出発当日に借りるよりも断然オトクです。

(※先ほど提示した料金比較表の価格よりも、さらにお安くなります!)

グローバルWiFiの場合、1日あたり200円の割引です。

早割りの期限は、

  • 空港受取:4日前~前日15時まで (※空港によって異なる)
  • 自宅受取:4日前の15時~3日前の15時まで (※地域によって異なる)
グローバルWiFi 中国早割

イモトのWiFiは、早ければ早いほどオトクになります。

30日前の予約で10%OFF45日前の予約で15%OFF60日前の予約で20%OFFです!

イモトのWiFi 中国早割 イモトのWiFi 中国早割詳細

 

理由②:在庫切れの可能性

とりわけ、年末年始・GW・お盆等のハイシーズンの場合、在庫切れで借りれないケースもあります。

旅行の日程が決まったら、早めに申込みしておくことをおすすめします。

注意

エクスモバイルは、空港カウンターにて出発当日申込みは不可です(=要事前予約)

必ず事前に予約しておきましょう!

WiFiレンタルの申込みは、各公式サイトより受け付けています

 

グローバルWiFiを利用した感想は、こちらの記事にまとめています

グローバルWiFiの中国VPN付プランを上海で利用♪レンタルした感想&レビュー

2018.09.15

エクスモバイルのWiFiレンタルを利用した感想は、こちらの記事にまとめています

エクスモバイルのWiFiレンタルを中国で検証!使ってみた感想&レビュー

2016.11.07

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です