中国のインターネット事情と、おすすめレンタルWi-Fi

中国WiFiレンタル比較

旅行者にとって厄介な、中国政府によるネット規制

旅行中、家族や友人と連絡が取れなかったり、仕事のメールが見れなかったりしたら困りますよね。

そんなネット規制を上手く回避し、快適な中国ライフを送る方法について紹介します。

前置きはいいから、とりあえずおすすめのレンタルWiFi会社が知りたい!という方は、「中国旅行に最適なレンタルWiFiを比較」をご覧ください。

 

中国のインターネット規制は徹底的

本題に入る前に、まずは中国のインターネット事情について説明します。

中国に旅行する際に厄介なのが、中国政府によるインターネット規制です。

俗に「金盾」とも呼ばれます。

中国の金盾

中国ではインターネットに対する検閲が行われており、数万人規模のサイバーポリスが、インターネット上の不都合な情報などを監視・排除していると言われています。

(※ネット規制は、香港とマカオは対象外。中国本土のみです)

中国からブロックされているウェブサービスやサイトは、基本的に中国からのアクセスはできないと考えてください。

 

日本人がよく利用しているもので、中国本土では利用できないサービス

中国のインターネット規制
  • LINE

今ドキの若者で、LINEを使っていない人はほぼいないんじゃないでしょうか。

メール(チャット)・電話の殆どをLINEで済ませている、という人が大半かと思うので、これが一番困ります。

 

  • Google関連のサービス全般

旅行先でGoogle mapが使えないというのは致命的です。もちろんGmailも使えません。

また、仕事でGoogleカレンダー・Googleスプレッドシート等を使用している人にとっては困りモノです。

 

  • FacebookTwitterInstagram等のSNS、YoutubeDropbox

日本ではおなじみのこれらのサービスも、中国国内では一切使えません。

* … * … * … * …*

いずれにしても、旅行者含め、仕事の出張・留学など、中国で生活する日本人には不便極まりありません。

 

中国旅行にWiFiをレンタルするメリット

海外でいつでもどこでもネットが使えるという便利さから、私は中国旅行に限らず、旅行の際には必ず「レンタルWiFi」を借りていきます。

海外旅行にレンタルWiFiを持っていくメリットについては、こちらの関連記事をご覧ください

海外旅行にレンタルWiFiを持っていくメリットとは?~役に立った利用シーンを紹介!~

2017.11.19

しかしながら、レンタルWiFiを借りれば、もちろんお金がかかります。

なので、「ホテルやレストラン、空港等のフリーWiFiを利用すれば、1日1回くらいはネット使えるし、それで十分。常時ネットに接続出来なくてもいいから、べつにレンタルWiFiなんて要らないよ」

と考える人もいるでしょう。

最近は、発展途上国でも宿泊客向けのフリーWiFiサービスがある宿が一般的になりましたし、街中のフリーWiFiスポットも、昔と比べるとかなり増えました。

それは中国においても例外ではなく、中国のネット環境はかなり発達しており、都心部にいる中国人のほとんどが、スマートフォンを持っている印象です。

街中にはフリーWiFiスポットがありますし、もちろん大半のホテルにもフリーWiFiが完備されています。

WiFi

しかし、いくら中国でネット環境が整っていようとも、そこには強力なネット規制があります。

ですので、ホテル等のフリーWiFiにあやかろうと思っても、規制の盾に完全にノックアウトされてしまいます。

私は、中国旅行中に、計7つのホテルに滞在し、その全てのホテルでフリーWiFiに接続しようと試みましたが、どれ1つとして、LINEやFacebookに繋がったWiFiはありませんでした。

レストランや、空港のフリーWiFiも全滅でした。

(※上海、成都、九寨溝、張下界、合肥の空港で検証)

ネットが繋がらない

ちなみに、強力なネット規制を受けるのはiPhoneのみで、何故かAndroidはユルユルです(笑)

iPhoneユーザーの私は壊滅的だったものの、Androidの友人は、全てのフリーWiFiで接続可能というわけではないですが、LINEやFacebook、Twitter等にアクセスできていました。

iPhoneはNGで、AndroidはOKとか、ナニこの中途半端な規制(笑)

補足

これはあくまで私が中国に行った2016年9月の情報なので、今は状況が変わっている可能性もあります。

なので、今後はもしかしたらAndroidユーザーも規制対象となるかもしれません。

ですので、

  • 渡航中に連絡が取れないと家族が心配する
  • 仕事上、どうしてもネット環境が必要なサラリーマン
  • 彼氏と毎日連絡が取れないなんて耐えられない!ってタイプの女の子(笑)

は、レンタルWiFiを借りておくことをオススメします。

 

中国旅行に最適なレンタルWiFiを比較!~ネット規制の回避方法~

中国旅行や中国出張でレンタルWiFiを使う際に、覚えておかないといけないことは、記事の冒頭にも書いたような「ネット規制」があることです。

しかし、この規制をいとも簡単に回避することができる、WiFiレンタルサービスを行っている会社があります。

規制回避ができるレンタルWiFiの例

これらのWiFiをレンタルすれば、中国滞在中、日本にいる時と同じ様に、自由にインターネットを利用することが可能となります。

ここからは、各社の特徴をそれぞれ解説していきます!

また、最後に3社の料金比較表を掲載してますので、参考にしてみてくださいね。

 

グローバルWiFi

グローバルWiFiは、VPNというシステムを利用することで、ネット規制を回避しているレンタルWiFiです。

  • 3G(VPN付):1,070円 / 日、250MB / 日
  • 3G 大容量(VPN付):1,370円 / 日、500MB / 日
  • 4G-LTE(VPN付):1,370円 / 日、250MB / 日
  • 4G-LTE 大容量(VPN付):1,570円 / 日、500MB / 日
  • 4G-LTE 超大容量(VPN付):1,770円 / 日、1GB / 日

VPNとは、語り出すと専門的な話になってしまうので、とりあえずは「中国の検閲を回避できるサービス」だと理解しておけばOKです。

グローバルWiFi 公式HPより

中国VPN

 

▼申込む際は、必ず「VPN付」プランを選択してください

グローバルWiFi 中国プラン(2018年7月時点)

 

グローバルWiFiの詳細を見る

海外向けWi-FiレンタルのグローバルWiFi

 

イモトのWiFi

イモトのWiFiも、同じくVPNというシステムで規制を回避します。

  • 3G 大容量(VPN付):680円 / 日、500MB / 日
  • 3G 超大容量(VPN付):980円 / 日、1GB / 日
  • 4G-LTE 大容量(VPN付):1,280円 / 日、500MB / 日
  • 4G-LTE 超大容量(VPN付):1,580円 / 日、1GB / 日

さらに、上記の価格に加えて、「中国ワンタイムVPN」というオプション代が 300円+税 / 日 かかります。

イモトのWiFi 公式HPより

イモトのWiFi 中国ワンタイムVPNオプション

申込む際は、 STEP1【利用国・地域を選ぶ】で「中国」を選択後、【オプションを選ぶ】から「中国ワンタイムVPN」を追加してください。

イモトのWiFi 中国ワンタイムVPNオプション02

 

イモトのWiFiの詳細を見る

海外WiFiレンタルなら!イモトのWiFi

 

補足

グローバルWiFiとイモトのWiFiは、利用する際に初期設定(VPN設定)が必要になります。

決して難しい作業ではなく、同封された取扱いマニュアルにて、設定手順が分かりやすく解説されています。

設定は一度だけで、数分で終わります。

 

エクスモバイル

エクスモバイルのネット規制回避方法は、VPNではなくローミング通信によるものです。(※VPN設定は不要)

ネット規制回避プランとして「中国データパック」という商品があります。

エクスモバイル公式HPより

エクスモバイル データパック(2018年7月現在)

一般的なレンタルWiFi会社とは異なり、容量型 (容量を事前に購入する形式)というのが珍しいです。

イメージでいうと、「プリペイドSIMカード」の レンタルWiFi バージョン、のようなものでしょうか。

容量の違いで、「2GBプラン」「4GBプラン」の2種類があります。

1日あたりの通信制限は無く、購入した容量の範囲内でネット利用が可能です。

さらに、上記表の価格に加えて、レンタル料が 198円 / 日 かかります。

【例】中国データパック2GBプランで、2018年1月1日~10日の 計10日間借りる場合、

「3,000円」+「198円 × 10日」=4,980円

という計算になります。

また、万が一途中で容量が足りなくなった場合、容量の追加購入を行えば再び利用できます。

 

▼申込む際は、必ず「データパック」プランを選択してください。

エクスモバイル 中国プラン (2018年7月)

エクスモバイルの詳細を見る

海外でのインターネット/wifiはエクスモバイル

 

* … * … * … * …*

ちなみに、私はただ単純に安いという理由から、エクスモバイル社を選びました(笑)

当時の料金形態で、中国データパック1GBプランを 2016年9月17日~25日の9日間借りて、送料等含めて計5,850円でした。

(※現在は1GBプランが廃止され、2GB か 4GB の2択になりました)

 

エクスモバイルのレンタルWiFiを利用した感想は、こちらの記事にまとめています

エクスモバイルのWiFiレンタルを中国で検証!メリット&デメリットを徹底解説

2016.11.07

 

補足①

上記で紹介した3社には、規制回避付ではないプランもあります。誤って申し込まないよう、気を付けましょう。

エクスモバイル の規制回避付ではないプランの例

エクスモバイル 規制回避無しプラン

補足②複数人シェアする場合~

一般的な海外WiFiレンタルは、5人程度まで同時接続可能というケースが多く、1台を複数人シェアして使えます。

が!中国においては気をつけるべき点があります。

グローバルWiFiの場合

VPNは1アカウントで一人(1デバイス)のご利用を推奨しております。

二人(2デバイス)以上のご利用も可能ですが、通信品質が低下する可能性もございますのでご注意ください。

引用:グローバルWiFi公式HPより

イモトのWiFiの場合

一度にインターネットにアクセスできるのは1アカウントにつき1名までです。

同時に複数の接続をする場合は、アカウントを追加してください。

アカウント追加のご希望は、1アカウントでお申込後に、弊社までご連絡ください。

引用:イモトのWiFi公式HPより

つまり、「中国ワンタイムVPN」というオプション代( 300円+税 / 日 )が、人数分必要ということです。

 

エクスモバイルの場合

公式HP上には、注意点的な記載は見当たらなかったです。

実際、私は友人4人とシェアして使っていたので、特に問題無いでしょう。

 

▼そして、上記3社の料金を比較するとこうなります

中国レンタルWiFi比較表(2018年7月時点)

(※2018年7月時点の料金、税別)

スマホから閲覧している方、小さくてすみません! 指で画面をズームして読んでみてください

レンタル料以外にも、別途料金が発生するケースが多いので、そのあたりも加味して検討してみてはいががでしょうか?

 

最後に

ぶっちゃけると、レンタルWiFiが無くても旅はできます。

そもそも数年前までは、スマホどころかガラケーすら無かったので、昔の旅人は、本と口コミだけの情報を頼りに旅をしてきたわけなんですから。

ですが、ネットが万人に普及し安価で利用できるようになった今、Wi-Fiルーターがあると、いざというときに助かるのは事実です。

レンタル時には各社 分かりやすいマニュアルもついてますので、初心者でもカンタンに使えるのが嬉しいところです。

レンタルWiFiを利用し、より便利でより快適な旅行にしちゃいましょう♪

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です