ヨーロッパで容量無制限にネットが使える!スーパーユーロデータの特徴・レビュー

ヨーロッパ周遊WiFiレンタル ユーロデータ

本記事では、ヨーロッパ旅行におすすめしたいWiFiレンタル、スーパーユーロデータを紹介します。

(メリットはもちろんのこと、デメリットまで包み隠さずお伝えします)

 

スーパーユーロデータとは?

海外で使えるWiFiレンタルのサービスを提供している会社は数多くありますが、その中でもヨーロッパ用に特化したのが、グローバルモバイル社のスーパーユーロデータ です。

日に日に利用国が拡大しており、2019年8月時点でヨーロッパ 42ヶ国をカバーしています。

商品名に “ユーロ”というワードが入ってますが、自国通貨のあるイギリス・スイス・デンマーク・スウェーデン等々も含まれ、

一般的な旅行者が行くようなメジャーな国々は、ほぼ網羅されています。

▼利用可能国一覧

(※画像左上に「ヨーロッパ周遊専用WiFiルーター」と記載されていますが、もちろん1ヶ国単体の旅行でも使えます)

 

スーパーユーロデータをレンタルするメリット

メリット①:容量制限は一切無し!使い放題

スーパーユーロデータには通信容量 (GB) 制限が無く、いわば使い放題 (=容量無制限) なので、現地でたくさんネット通信したい人におすすめです。

 

無制限タイプのWiFiレンタルが向いている人を下記にまとめると、

個人旅行 (自己手配) で周る人

個人旅行の場合、添乗員もガイドもいないので、自分のことはすべて自分でやらなければなりません。

必然的にスマホに頼る機会が増えます。(調べ事をしたり等々)

スマホに頼る機会が増えるということは、容量もたくさん必要ということです。

旅のスタイル

 

複数人でシェアして使う人

グループ旅行の場合、1つのWiFiをシェアして使うケースがあるかと思います。

(※スーパーユーロデータの場合、スマホ・PC等の電子機器を、一度に5台まで同時接続可能です)

シェアして使う

無制限プランの場合、「自分が使いすぎて速度制限がかかってしまったら、他の人に迷惑がかかるかも…」なんて気遣いは一切要りません!

大人数だろうと、容量を気にすることなくガンガン使えます。

 

地図アプリを頻繁に使う予定がある人

初めて行く場所に土地勘は無いので、街歩きの際に重宝するのが地図アプリです。

地図アプリ

ここ数年で、

  • オフラインでも使える地図アプリ maps.me の登場
  • Google Mapにもオフライン機能が追加

 (※事前にデータのダウンロードが必須)

等々、オフラインでの地図機能の利便性が格段に上がっていますが、

私が実際に利用してみた感想として、一部の機能が制限されたり、場所によっては地図が上手く開けないときがあるのです。

やはり、オンラインのGoogle Mapが最強です。

地図アプリに限らず、常に位置情報を受信する系のアプリはかなり容量を食うのですが、無制限タイプはそんな心配もご無用です。

ܤ ܤ ܤ ܤ ܤ

そんな感じで、無制限タイプは容量を使い過ぎる心配が無いので、安心して心置きなく使えるのが最高です。

私の場合、スーパーユーロデータを借りて現地で観光する際は、常時ネットを繋ぎっぱなしにしています。

補足

ルーターの電池もそれなりに長く持ちますが、もし残量が少なくなった場合は、予備バッテリー (モバイルバッテリー) 等で充電しましょう。

予備バッテリーを持っていない人は、使用時以外はルーターの電源をOFFにして節電するか、オプション (100円 / 日) でレンタルすることもできます。

 

メリット②:圧倒的な安さ!かつ、複数国で利用(周遊)しても料金一律

スーパーユーロデータの料金形態は、利用日数に応じた定額制です。

料金形態
  • 対応国ならば、どの国も一律980円 / 日
  • 1ヶ国利用だろうと複数国利用だろうと、金額に差が無い

他社無制限プランの料金と比べてみると、スーパーユーロデータは圧倒的に安いです。

試しに、下記4社を例に比較してみましょう。

→→横にスクロールしてご覧ください→→

 ユーロデータグローバルWiFiイモトのWiFijetfi
1ヶ国 (例:フランス)980円 / 日2,570円 / 日2,380円 / 日1,580円 / 日
ヨーロッパ周遊2,780円 / 日2,580円 / 日×

(4G無制限プラン、2019年11月時点の料金)

この表を見て頂いたら分かる通り、そもそも1ヶ国単体利用で借りたとしても、スーパーユーロデータが安いです。

かつ数ヶ国を周遊するとなると、大半のWiFi会社は、1日あたりのレンタル料が上がるので、料金の差はさらに広がります。

つまり、スーパーユーロデータは、周遊する国の数が多いほど、コストパフォーマンスが上がるWiFiなのです。

周遊旅

また、複数国周遊のメリットは「料金面」だけではありません。

スーパーユーロデータのWiFiルーターは、1台すべての対応国を網羅できます。

私が過去に他社の周遊プランを利用した際に、国数分のルーターを持たされて煩わしい思いをした経験があるため、ルーター1台で網羅できる国数が多いというのは、荷物が減ってとても有難いです。

ܤ ܤ ܤ ܤ ܤ

このようにメリットを挙げれば挙げるほど、スーパーユーロデータは、まさに周遊旅の為にあるようなレンタルWiFiだと思います。

国を跨いでもそのまま利用できる為、対応国ならば、どこへ行っても面倒な設定無しで接続できます。

 

メリット③:オトクな割引制度・特典が充実

スーパーユーロデータ は、ベースとなる基本料金が破格なことに加え、様々な割引制度・特典がある為、レンタル料金をさらに安く抑えることができます。

早期割引 & リピーター割引

  • 出発1ヶ月以上前に申込むと、早期割引でレンタル料金が10%OFF
  • さらに、2回目以降はリピーター割引でさらに10%OFF

=合計20%OFF!!!早めの申込みがオトクです♪

ユーロDATA割引制度

 

往復宅配送料 完全無料

ユーロDATA 往復宅配手数料無料

往復(受取・返却)で送料が無料なのは、他社と比べるとレアケースです。

他社例

このような割引制度・特典がたくさんあるので、見積もり時に「えー!こんなに安いの?!」と驚くはず。

(※初申込時の私がそうでした。笑)

お財布に優しい価格設定でいつも助かってます。

 

スーパーユーロデータをレンタルするデメリット

さて、ここまでひたすらスーパーユーロデータをベタ褒めしてきましたが、デメリットについても触れておきます。

デメリット①:空港カウンターにて出発当日申込み不可

空港に自社カウンターを設け、出発当日まで申込みを受け付けているWiFi会社もありますが、スーパーユーロデータは要事前予約となっています。

出発当日に空港で申込みすればいいや!と考えている方は要注意です。

(※受け取り方法によって申込み期限が異なりますので、詳細はスーパーユーロデータ公式サイト で確認してください)

 

デメリット②:サポート体制の手厚さは他社よりも劣る

私自身、過去にWiFiレンタルを利用していてトラブルが起きた経験は無いのですが、

万が一、渡航先でWiFiルーターが壊れた!紛失した!などのトラブルが発生した場合でも、サポート体制が充実していると安心ですよね。

ですが、グローバルモバイル社 (スーパーユーロデータの提供元) の場合、カスタマーサポートが24時間365日対応ではないところがネックです。。。

各社のサポート体制
補足

急ぎの問い合わせには不向きですが、サポートの質が悪いわけではないです。

私自身、過去に飛行機系のトラブルで帰国が遅れてしまい、メールにて「レンタル期間を延長したい」旨を伝えた際、丁寧な文面の返信が届きました。

 

ここまでの要点まとめ

  • スーパーユーロデータは、ヨーロッパ用に特化したレンタルWiFiサービス
  • 現時点でヨーロッパ42ヶ国をカバー
  • 通信容量 (GB) 制限が一切無く使い放題
  • 圧倒的な安さ!対応国ならば、どの国も一律で 980円 / 日
  • 複数国で利用しても金額に差が無い (=周遊する国の数が多いほど、コスパ高↑↑)
  • 1台のWiFiルーターで、すべての対応国を網羅
  • 国を跨いでもそのまま利用できる為、どこへ行っても面倒な設定無しで接続可
  • 出発1ヶ月以上前に申込むと、早期割引10%OFF
  • 空港カウンターにて出発当日申込み不可
  • サポート体制の手厚さは他社よりも劣る
補足

前述したとおり、スーパーユーロデータは空港カウンターにて出発当日申込みは不可です(=要事前予約)

とりわけハイシーズンでは在庫切れになる可能性もありますので、早めに予約しておくことをおすすめします。

また、出発1ヶ月以上前に申込むと、早期割引でレンタル料金が10%OFFとなりオトクです!

 

WiFiレンタルの申込みは、公式サイトより受け付けています

スーパーユーロデータ公式サイト

 

WiFiを選んだの、予約時から~実際に現地で使うまでの注意点を、時系列にまとめてみました。

海外WiFiレンタル 注意点

海外旅行でWiFiをレンタルする際の注意点まとめ

2019年9月5日

海外WiFiレンタルについて、基礎の基礎から解説してほしいという方は、こちらの記事をご覧ください

はじめての海外WiFiレンタル

はじめての海外WiFiレンタル~おすすめな人&選び方のポイントを解説~

2019年6月1日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です