船旅中に注意すべきこと

スリに注意

貴重品の管理

スリに遭う三大持ち物は「パスポート」「現金」「クレジットカード」。これらはしっかりと管理しておくこと!

パスポートは、普段はジャパングレイスに預けて一括管理してもらうので、寄港地で持ち歩くことはあまりない。しかし、パスポート携帯を義務付けられている国や、船を離脱するときなどは自分で持ち歩くことがあるので注意が必要だ。

もしパスポートを盗まれると、冗談抜きでリアルに下船…。

 

まず鞄。ただ単に肩にかけるタイプのものはNG。そんなの簡単にひったくられてしまう。おすすめは、肩から斜めがけできるショルダーバック。また、リュックサックの場合は、後ろではなく前に背負うとよい。

 

貴重品を鞄に入れている人がいるが、それはちょっと危険かも。ヨーロッパのスリは悪質だ。布製のバックを刃物で切って穴を開け、そこから貴重品を抜き取るのだ。現に、友達で鞄を切られた子がいた。

 

貴重品を携帯するのにおすすめなのが、洋服の「中」に巻いて身につけるウエストポーチ。このポーチの中に、パスポート、高額紙幣、クレジットカード、船のIDカードなどを入れる。

スリも、さすがに服の中には手を突っ込まないだろう(笑)

 

財布は、チェーンをつけて鞄に繋げるのがよい。

現金は、上記のウエストポーチと財布の2か所に分けて携帯

 

※要注意※ iPhoneユーザーに警告!!!

スリに遭う三大持ち物は「パスポート」「現金」「クレジットカード」。

しかしそれだけではない。今やケータイはそれ以上に狙われている。日本にいると、ケータイをスラれるということがまずないのだが、海外ではケータイも貴重品の1つだと思って行動したほうがよい。

 

ケータイを携帯するときは、いかなるときも形見離さず持ち続けること!

とりわけiPhoneは、世界共通で高く売れるので狙われやすい。船内&寄港地で、毎クルーズ何十人ものiPhoneが消えていく。

iPhoneをカメラ代わりにして写真を撮っている人は、iPhone本体だけでなく今までの「思い出」も盗まれてしまい、リアルに下船したくなるらしい。

 

ケータイには必ずパスワードロックをかけること。

仮に盗まれても、すぐにケータイ会社に連絡して利用停止にすれば大事には至らない。

 

寄港地での注意点

日本の感覚で、スマホをポケットに無造作に入れたまま持ち歩くことは絶対にしないように。スリに遭った友人の多くは、ポケットから盗まれている。

 

船内での注意点

船内だから安心、といって気を抜くな。iPhoneを公共の場に置いたままトイレに行き、帰ってきたら消えていた。というのはよくある話。

鍵がついているとはいえ、自分の部屋に置きっぱなし、というのも危険。乗客同士で盗みあう、というのは考えにくいので、犯人はおそらくクルー。もし自分の部屋に貴重品を置くならば、必ずセキュリティーボックスに入れること。

また、ケータイ以外にも、デジカメなどの電子機器も船内でよく盗まれるので注意が必要だ。

 

スリに遭ってしまったら、せっかくの楽しい船旅が台無しになってしまう。

スリ対策はしっかりしておこう!

 

合わせて読みたい(^o^)/

ピースボートの恋愛

2013.07.03

ピースボートの「ウワサ」と「船旅を楽しむ秘訣」

2013.07.03

ピースボート持ち物講座(リスト)

2013.07.03

よく貼れるポス貼り講座~全クリした私が枚数UPのコツを解説!~

2013.07.03