交流ツアーに参加しよう!

文化交流

ピースボートは「世界一周の船旅を通して国際交流をはかっているNGO」なので、個人的におすすめな「交流ツアー」。

 

学校、一般家庭(ホームステイ)、農村、難民キャンプ、スラム街、NGO訪問…などなど、普通の観光ツアーでは味わうことのできない経験・感動がある。

 

私は交流ツアーを楽しみにピースボートに乗った人間なので、かなりたくさんのツアーを取った。

とても楽しかったのだが、ピースボートの交流ツアーはアタリハズレがあると思う。

 

交流ツアーは、「スタッフが実際に現地を下見し、受け入れグループの人たちと一緒に企画するプログラム」だ。

受け入れ準備をしてくれる現地の人たちは、決して「旅行業のプロ」ではない

上記の「アタリハズレがある」というのは、つまりそういうことなのだ。

 

一般の旅行会社のツアーのような快適さ、スムーズさ、便利さはないかもしれないが、そのぶん現地の人たちとリアルな交流ができる。

 

交流ツアーの内容は、オプショナルツアーガイドに書いてある説明文の予定と変わることがけっこうある

ツアーが終わってみて、あれ?みたいな(笑)

 

たとえば、エジプトの交流ツアーで、オプショナルツアーガイドには「未来の日本語ガイドを目指す学生たちが、ピラミッドを案内してくれる」的なことが書いてあったのに、実際は私らのみでの観光。

(それでも、ピラミッド観光後、現地の大学に遊びに行ったのが楽しかったからよいが…)

 

逆に、ガイドに書いてないことが付け加えられたこともある。

 

地球大学のオーバーランドツアーでインドのNGOを訪れた際、予定にはない市役所?に連れていかれて市長さんたちから歓迎を受けたり、ホームステイ先で山の中の洞窟に連れいってもらったり、現地の市場で買い物をしたり…。

 

私が数々の交流ツアーに参加し感じたことは、現地の受け入れ団体の人たちは、素人なりに「私たちがどうやったら喜んでくれるのか」を必死に考え、私たちを楽しませようとしてくれる。ってこと。

 

そのため、時には予定していたツアー内容と大きく異なった内容になってしまうこともあるが、彼らの一生懸命さがものすごく伝わってくるのだ。

 

お金と時間さえあれば、海外なんてキホンどこにだって行ける。

そんな日本人の私たちには分からないかもしれないが、世界的にそれは当たり前のことではないのだ。

 

普段なかなか海外に行くことのできない国の人たちにとって、外国人と触れ合う機会は貴重なもの。

私たちの寄港を、首を長くして楽しみに待っている受け入れ団体の人も多い。

 

現代っ子には「facebook」や「メール」という最強の武器があるので、交流ツアーで知り合った海外の友人と、今でもたまに連絡を取ったりすることもある。

世界中に友達を作りたい!なんて人は、交流ツアーをきっかけにする、ってのはどうだろうか?

 

 

交流ツアーを楽しむコツ

これは、交流ツアーに限らず船旅全般に言えることだが、ハッキリ言って、「受け身」ではダメ。自らが楽しもうと努力する姿勢が必要。

「だって英語できないから…」とか、そんなことは理由にならない。

わたしだって英語は話せません(笑) 文法がめちゃくちゃだっていいんです。なんとなく伝わるから。

 

私は2つの交流ツアーで、最初の挨拶のスピーチ(英語)をやらせてもらった。

英語ができなくても、CC(通訳ボランティア)が原稿書くの手伝ってくれたし、何事もまず体当たりで経験してみるのがいちばん!

 

 

オススメの交流ツアー一覧

実際に行われていた交流ツアーで、「実際に私が参加して楽しかった」or「参加した友達が楽しかったと言っていた」ツアーを下記に挙げてみた。

とくに、80クルーズは77と寄港地が似ているので、参考にしてみてはいかが

 

ダナン(ベトナム)

ダナンの若者と大交流】…ピースボートの交流ツアーの中で、おそらく一番有名&人気。「日本人約200人」対「ベトナム人約200人」の大交流会。ベトナム人と日本人がペアを組んで、原付?の後ろに乗っけてもらい、一緒に街を散策する。帰り際には涙涙のお別れが。

 

コーチン(インド)

ケーララ州で考える開発のあり方】…地球大学生限定。現地のNGOを訪れたり、私の人生初ホームステイ!!!楽しかった!

 

ポートサイド(エジプト)

日本語を学ぶ学生と交流】…エジプトの大学を訪問!愉快な学生が多かった!

 

クシャダス(トルコ)

トルコの若者と交流会】…現地の学生とトルコの田舎を散策。私が参加した交流ツアーの中で一二を争う楽しさ!

 

モンテゴベイ(ジャマイカ)

ジャマイカの若者と英語で大交流】…GET受講生限定。透き通るビーチで思いっきり交流。

 

クリストバル(パナマ)

パナマで日本語を学ぶ大学生と出会う】…友達曰く、一番楽しかった!らしい。現地学生が皆「日本文化大好き!」で、アニメや漫画の話で盛り上がったとか。

先住民族の人びとと出会う】…エンベラ族の踊りや音楽を体験。

 

プエルトケツアル(グアテマラ)

先住民の文化を通して考える『男女平等』】…一泊二日のツアー。DV問題について、被害者女性の声を聴いた。このツアーで学んだ内容に衝撃を受けた私は、その後、パワーポイントを使って船内で「ジェンダー」について発表することに。宿泊はホームステイ。

 

合わせて読みたい(^o^)/

ピースボートの恋愛

2013.07.03

ピースボートの「ウワサ」と「船旅を楽しむ秘訣」

2013.07.03

ピースボート持ち物講座(リスト)

2013.07.03

よく貼れるポス貼り講座~全クリした私が枚数UPのコツを解説!~

2013.07.03