洗濯・ランドリーサービス

ランドリー

3ヶ月間洗濯とかどうするの?

ここでは気になる船旅での洗濯事情について説明する。

 

船は、いわゆるホテルのようなものなので、部屋には人数分のタオルが常備されている。(バスタオルとフェイスタオルの2枚)

これらのタオルは、毎日ハウスキーパーさんが新しいものに交換してくれる。

 

しかし、普段自分が着ている衣類などの洗濯は、サービスの対象外。

なので、洗濯物は【1】自分で洗う もしくは【2】ランドリーサービス(有料)を使う のどちらかで片付けないといけないのだ。

 

以下に詳細を書く↓

【1】自分で手洗いする場合

若者は、自分で洗う人が多いと思う。日本から持参した洗面器にお湯&洗剤を入れ、手もみしながら洗うのだ。

洗面器を使わず、洗面台の詮を閉め、そこに水を溜めて洗ってる子もいる。

 

日頃から洗濯機を愛用している私にとって、手洗いでの洗濯は大変だった。

「手もみ」&「すすぎ」の段階まではそこまで時間はかからないのだが、問題は「脱水」。頑張ってぎゅ~っと絞るのだが、所詮は女子の握力。そのまま干しても、絞り切れなかった水が洗濯物からぽたぽた滴ってくる。

なのでそれを防ぐために、バスタオルに洗濯物を挟み、上からパンパン叩いて押さえ余分な水分をそれに吸い込ませるのだ。そうすると、水がぽたぽた滴るのを防ぐことができるし、なにより洗濯物が早く乾いてくれるのだが…。この作業がほんまに大変だった…泣

 

やっとのことで脱水を終えると、今度は洗濯物を干す作業に入る。

干す場所は、もちろん自分の部屋。部屋の天井には、洗濯ロープをかけるホックがついている。ロープの貼り方は部屋によって様々。私の部屋は、十字に2本のロープを張って、そこにハンガーや洗濯バサミを使って衣類を干していた。

ただでさえ狭い4人部屋で洗濯物を干すと、窮屈なことこの上ないのだが、部屋で洗濯物を干す利点は「部屋の湿度が保たれる」こと!

船内はキホン乾燥してるので、加湿器代わりになる。

 

※補足:手洗いする際のアドバイス

洗濯ロープ

ハシゴ型のものがおすすめ。このタイプのロープは、干すときハンガーが動かずしっかり止まってくれるので、洗濯物が中央に寄るのを防いででくれる。

洗濯ロープ

 

洗剤

粉末より液体の方が使いやすい。荷物を減らすためにも、濃縮洗剤がおススメ。また、部屋干し用だとさらにGOOD! 部屋干しタイプの洗剤は季節品のため、梅雨の時期しか売ってない店もある。購入のタイミングを逃さないようにしよう。

 

【2】ランドリーサービスを利用する場合

1回700円。部屋には、ランドリーサービス用の黒い袋(1人1袋ある)が置いてあるので、洗ってほしい衣類をそこに詰め込む。見た目小さいが、意外にけっこう入る。

部屋メンで洗濯物を合わせて出して、4人で割り勘してる子たちもいた。

 

ちなみに、私は船旅中1回だけこのサービスを利用した。ヨーロッパで船を離脱したので、洗濯物が一週間分以上溜まってしまったからだ。

しかし、今後はもう利用しなくていいかな…と思った。理由は、いろいろとめんどくさいから(笑)。

 

ランドリーサービスを利用するには、申請書?みたいなものを書かないといけない。

たとえば、「パンツ…( )枚、シャツ…( )枚、タオル…( )枚」みたいな。衣類を数えて、その紙をいちいち書くのがめんどい。

 

そして、「その紙(申請書)」と「衣類の入った黒い袋」をハウスキーパーさんに渡すのだが、ここで、ハウスキーパーチェックが入る。

 

「念のため、私と一緒にもう一度衣類の数を確認しましょう(←英語)」と言って、ベッドの上に袋に入った衣類を放り出されたのだ。

少しでも多くの衣類が入るよう、きちんと畳んで丁寧に袋に詰め込んだわたし的には、内心イラッ(怒) また畳み直し&入れ直しか…。

 

そんなこんなで、個人的に洗濯は「手洗い」をおすすめする(笑)

 

ランドリーサービス利用での注意点

急ぎの際は利用しないほうがいい

ハウスキーパーさんに預けてから自分の手元に帰ってくるまで、だいたい2~5日くらいかかる。

 

借り物の服、お気に入りの服はNG

衣類のタグに、油性ペンで4ケタの部屋番号を書かれてしまうので、借り物の服は手洗いしたほうがよい。また、他の服からの色落ちで衣類に染みがついてしまった、という話は聞いたことがないが、お気に入りの服は自分で洗うのがベターでしょう。

 

合わせて読みたい(^o^)/

ピースボートの恋愛

2013.07.03

ピースボートの「ウワサ」と「船旅を楽しむ秘訣」

2013.07.03

ピースボート持ち物講座(リスト)

2013.07.03

よく貼れるポス貼り講座~全クリした私が枚数UPのコツを解説!~

2013.07.03