船内イベント・企画

洋上運動会

船内では、乗客を退屈させないためのイベント・企画がたくさんある。

 

なので、わたしは船旅3か月間で「ヒマだな~」とか「退屈だな~」と感じたことは一度もない。

いや、むしろ忙しすぎてあっという間の3ヶ月だった。

 

若者向けの企画、シニア向けの企画、両者を対象とした企画…。

毎日、数え切れないくらいの企画が盛りだくさんである。

もちろん参加・不参加は自由。そして無料。

 

ピースボートのスゴイところは、これらのイベントに「参加」できるだけでなく、その企画そのものを乗客の手で「運営」できるってことだ。

 

規模が大きなものから小さなものまでいろいろあるが、船内でのイベント・企画のほとんどは「乗客主体」で行われる。

 

例えば洋上運動会。

開催される数週間前の船内新聞に「運動会実行委員やりたい人集まれ!」みたいな記載があり、そこから人が集まってイベントが作られていく。

ピースボートのスタッフさんたちは、実行委員&参加者たちのサポート役。

 

 

では、77クルーズ船内で、具体的にはどのような企画が行われていたのか。

下記に代表的なものをあげてみた。

 

運動会

船旅3ヶ月間の中で最も大きなイベント。若者からシニアまで、全世代の乗客が盛り上がる。

運動会準備に一週間~10日ほど費やすので、太平洋横断・大西洋横断中など、海の期間が長い時期に開催される。誕生日月ごとに4チーム(赤・青・黄・白)に分かれて対決する。

 

あくまで洋上なので、100m走(ある程度のスペースを必要とする競技)や、騎馬戦(もし船が揺れたときに怪我する恐れのある競技)はできない。なので、種目は限られてくるのだが、それでも船のスペースをいかに活用して楽しく競技できるか、運動会実行委員をやっていた私は当時真剣に知恵を絞って考えた。

77の場合、障害物競争、ムカデ競争、ノルディックリレー、玉入れ、綱引き、水くみリレー、虹かけリレー(77のオリジナル種目)、団長対決、大縄跳び…などなど。

 

もちろん勝負は「ガチ」(笑) 若者はもちろん、シニア世代の気合の入り方もすごい。世界一周するくらいなんだから、船に乗ってるシニアはみんな元気!

 

私は実行委員だったので、参加者として競技に出ることはなかったが、企画側は企画側で面白かった。団長・副団長・参加者として競技に参加したい!って人は「参加者」、運動会の企画・運営などの裏方がやりたい!っていう人は「実行委員」がおすすめ。どっちをやっても楽しいと思う。

 

競技以外にも、応援合戦や応団幕作成などなど、やることはまさに中学・高校の運動会そのもの。とにかくアツい一週間です!!!(笑)

 

77の場合、見事優勝を掴んだのは白団だった。

しかし、運動会が終わって翌日の朝、青団の団長・副団長他数名が、朝早くからレストランの前で乗客全員に「ありがとうごさいました」と頭を下げ、感謝の意を伝えていた。それを見て感極まって泣き出したおばあちゃんとかいたし、このイベントを経て乗客たちの絆が深まったことは間違いない。

 

夏祭り

これも運動会の次に大きいイベント。内容は、地元で開催されるお祭りのようなイメージ。

外デッキには屋台などが並び、神輿を担いだり、盆踊りを踊ったり、ソーラン踊ったり、ウォーターボーイズ出てきたり…。

火気厳禁なので花火が打ち上げられることはないが(笑)。船内では、お化け屋敷や、浴衣ファッションショーなどを開催したりもした。

 

※船内二大イベントである「運動会」と「夏祭り」は、クルーズが夏出発だろうと冬出発だろうと必ず開催される定番。

 

民族衣装ファッションショー

寄港地で買った民族衣装、せっかくだから着てみたい!ってことで、ファッションショーを開催! 私も、インドで購入した民族衣装を着て参戦!

 

ダンス甲子園

ダンス好きの乗客集まれー!ダンスが得意&好きな乗客がこの日のために練習を重ねる。

さまざまなジャンルのダンスを見ることができる。プロか、と思うくらいレベルの高いダンスをするチームもある。

私もちゃっかり参加した。77ではAKB好きのスタッフさんがいたので、彼女を筆頭に船内APB48を結成し、制服風の衣装でAKB踊ったりした(笑)

 

ハロウィン

77のクルーズ期間は、ちょうどハロウィンとかぶっていた。これが、私が思っていた以上に本格的だった!!!

コスプレ衣装は、私は日本から持っていったのだが、寄港地で安く購入してる子がほとんどだった。

みんな衣装には気合が入っており、衣装+フェイスペイントも合わさって超リアル!!!日本ではめったに経験できない楽しいハロウィンだった。

 

あわてんぼうのサンタクロース

クリスマスがクルーズ期間とかぶってないにもかかわらず、サンタさんが慌てちゃって2ヶ月前に来ちゃったよーってことで10月25日に開催。

季節感は全く無視。やりたいことは何でもやっちゃいます(笑) 

 

定番のプレゼント交換や、キャンドルナイト(火気厳禁なので本物の火は使わず)、サンタたちのダンス、ロンハーでよくやってるようなフィーリングカップル…などなど。

余談だが、このフィーリングカップルをきっかけに付き合ったカップルがいた。

 

感謝のバレンタイン

これも、クルーズ期間とバレンタインがかぶってないにもかかわらず開催(笑) 男女関係なく、日頃の感謝の気持ちを伝えましょう、って企画。

 

フォーマルディナー

1か月に1回ほど開催されるので、1クルーズに3・4回ある。たまにはキレイな恰好して豪華なディナー食べて、ちょっとリッチな気分を味わおう。

女性は結婚式二次会などで着るようなドレス、男性はスーツが無難。

 

しかし、船旅が進むと寄港地などで民族衣装を買ったりするので、二回目以降のフォーマルディナーでは民族衣装を着る乗客が出てくる。民族衣装とか、日本に帰ったら着る機会なんてないので、船旅中に着て楽しむとこをおすすめする。

 

ピースボートのイベント・企画は参加自由なので、フォーマルディナーの正装は強制ではない。普段着で行ったからといって、レストランに入らせてもらえない、なんてことはもちろんない。ただ、フォーマルディナーのとき普段着でいると、多少周りから浮くことはカクゴしなくてはいけないが(笑)。

 

 

ほかにも、78thのような年末年始がかぶっているクルーズだと

  • 「年越しイベント」
  • 「餅つき」
  • 「船内成人式」

・・・などなど、船内はさまざまなイベントが盛りだくさん! 

 

常に乗客たちを楽しませてくれる。

 

合わせて読みたい(^o^)/

ピースボートの恋愛

2013.07.03

ピースボートの「ウワサ」と「船旅を楽しむ秘訣」

2013.07.03

ピースボート持ち物講座(リスト)

2013.07.03

よく貼れるポス貼り講座~全クリした私が枚数UPのコツを解説!~

2013.07.03