船酔い

薬

このページでは、

【1】船酔いについて

【2】船が揺れているとき「船酔い」以外で大変なこと

【3】船酔いとの上手な付き合い方、について書く。

 

【1】船酔いについて

船に乗る前の私は、船酔いについてこう考えていた。

「小船じゃあるまいし、あんな巨大な客船が大きく揺れるわけがない。船酔いとか無いっしょ!」

 

だがしかし…そんな甘い考えをしていた過去の私に、声を大にして言いたい。

船をナメるな!!!

 

大きい小さいにかかわらず、船に船酔いは付き物だ。

小船のような揺れとはまた違うのだが、この船、けっこう揺れます(笑)

 

まず、出港直後。どのクルーズでも、出港から3日間が最も過酷だ。

 

77の場合、出港が8月下旬。まさに台風シーズン真っ只中。案の定、2つの台風と鉢合わせをしてしまった。この台風を避ける為、予定していた航路を変更し、大回りしてなんとか回避しようとしたのだが、それでも船は大きく揺れた。

 

どれくらい揺れたのか、実際に起きた例をいくつか挙げてみた。

 

まず、朝に「ガガガガガン!!!」というけたたましい音で目が覚める。どういうことかというと、船の揺れで、ドレッサーに置いてあった物が雪崩のように落ちたのだ。

 

揺れの激しいときは、机の上に物なんて置けない。そして、廊下をまっすぐ歩けない。階段とかも手すりにつかまって上るのがやっと。

 

船酔いするのは乗客だけではない。水先案内人やピースボートスタッフも船酔いで倒れ、最初の3日間はいくつかの講演会や企画が延期or中止になった。

 

横浜出港直後以外にも、例えば天候の悪い日だとか、晴れていても海が荒れている日は、船が大きく揺れた。

 

「船酔い」は、かなり個人差がある。

 

あんなに揺れたのに3か月間まったく船酔いナシ!の人もいれば、最初の3日間は部屋から一歩も出ることができず、点滴をするほど重症な人もいる。

 

とはいえ、数日・数か月もすればたいていの人はだんだん慣れてくるのだが、結局3ヶ月間ずっと船酔いに悩まされる人も稀にいるからお気の毒だ。

 

ちなみに私の場合、船酔いはしたが、周りと比べてひどい部類ではなかったように思う。

 

船酔いで倒れたのは出港後2日目のみ。身体はだるいし気持ち悪いし、結局その日の避難訓練には参加できなかった。

(2回目の避難訓練は「船酔い」ではなく「寝坊」で参加できなかったことはナイショ。笑)

 

それ以降は、たまに「なんか気持ち悪いなー」と思うときもあったが、1時間くらいベッドで横になれば回復するくらい軽いものだった。

 

私の実体験として、「乗り物(船以外)酔い」と「船酔い」はあまり関係がないようだ。つまり、自分は乗り物酔いしないから=船酔いもしない、というわけではない。私は、バス・電車・車などの乗り物ではめったに酔わないタイプである。

 

酔わない人は本当にうらやましい限りなのだが、船が揺れていると、「船酔い」以外にも困ったことがたくさんある。

 

【2】船が揺れているとき、「船酔い」以外で大変なこと

トイレが流れない

この「流れない」というのは、トイレが詰まって流れない、という意味ではない。船のトイレには、後ろの方に「水を流すボタン」がついており、用を足した後はこのボタンを押して水を流す。

これはオーシャンドリーム号の性質なのか、船が大きく揺れているとき、ボタンを「押して」から「流れる」までの時間にタイムラグが生じる。

 

普段は、ボタンを押すと1・2秒もしないうちにすぐ水が流れるのだが、これが5分…15分…へたすると30分以上かかってしまうのだ。

すぐに流れなくとも、ほかっとけばいずれは流れるのだが…。

これが部屋のトイレだと、なんか同室の子に申し訳ないというのか…ごめん!いま流れてない!みたいな(笑) なので、船が揺れているときは極力公共のトイレを使うようにしていた。

 

入浴が大変

船が揺れていると、シャワーを浴びるのも一苦労だ。

部屋についてるシャワー室には、床に水をせき止める為のでっぱりがついているのだが、不満なのはこれの高さが「低い」ってこと。たぶん5~8cmくらい?

 

シャワーとトイレは同じ部屋の中にある為、船が揺れて傾くと、水がトイレまで流れ出てしまう。結果、トイレが水浸しになる。

なるべく水が流れていかないように、船が揺れているときはシャワーの水圧を抑えてみたりもしたのだが、船が大きく傾けばその努力は無駄に終わってしまう。

 

自分の入浴が終わった後、次にシャワーを浴びたりトイレに入る同室の子がいるからそのまま放置しておくわけにもいかず、シャワーの度にタオルで床を拭くのが超めんどくさい!

 

水のトラブルが発生

船が揺れていると、普段よりもやたら水回りのトラブルが多発する。

私の部屋はそういったトラブルは無かったのだが、トイレの水が逆流して、床(絨毯)が水浸しになった部屋がいくつかあった。そのようなトラブルがあった部屋の子は本当に大変そうだった。

 

すべてのエレベーターが止まる

船が大きく揺れると、安全の為?なのか、船についてるすべてのエレベーターが使用停止になる。なので、使用できる手段は「階段」のみ。その階段を使うのがほんまに大変!

 

船が揺れると、その揺れに合わせて身体に重力?圧力?がかかる。

①頭上から強い力でぐーっと押されたような感覚

②逆に、頭の上ヒモがついてると仮定し、そのヒモをひっぱられているような感覚

船の揺れに合わせて、ひたすら①と②の繰り返し。

 

このような状態で、手すりにつかまりながら必死に階段をのぼっていくのだが…。4Fから9Fまで上がらないといけない時とか、なんかもう溜息が止まらなくなる(鬱)

 

 

【3】船酔いとの上手な付き合い方

酔い止めを飲む

船内では、酔い止め薬が無料配布されているのだが、最低でも初日1日分は持参すること。横浜出港後は船がかなり揺れる。出港前に飲むor飲まないが運命の分かれ道。

また、船内で配られている酔い止め薬について、気を付けてほしい点がある。その酔い止め薬は、「酔う前に飲まないと効果がない」「飲むと眠くなる」タイプである。

船酔いが心配な人は、薬局で「酔ってからでも効く」「眠くならない」ものを買って用意しておくことをお勧めする。

 

船が揺れるのは横揺れではなく縦揺れ

船の揺れ方に関してなのだが、その種類はほぼ「縦揺れ」である。なので、船の前方&後方になればなるほど揺れは激しくなり、船の中央はまだマシである。

自分の部屋が前方・中央・後方のどの位置にあるのか、決めることができないのでそれはもう天に祈るしかないが(笑)、船の中央にある公共スペースで休むのが効果的。

 

体調管理はしっかりと!

睡眠時間が減れば、船酔いしやすくなる。船酔いがひどい人は、羽目を外して遅くまで飲んでないよーに!(笑)

地球を何周もしてきたスタッフさん曰く、77は今まで経験したクルーズの中で一二を争うほど船が揺れたらしい。はじめの3日間はほんとーに大変だったのだが、この件で、船住民の結束力が固くなった気がする(笑)

 

 

【おまけ】陸酔いとは?

この言葉を、私はピースボートで初めて聞いた。

 

洋上だけでなく、陸にいても「酔い」は憑き物だ。船

内で、常に揺れを感じる生活を送ってきた為、全く揺れない陸にいても、なんとなく身体に揺れているような感覚を覚えるのだ。

私は陸酔いの症状は全くなかったのだが、せっかく船酔いから解放されたと思いきや、陸でも陸酔いとか…見ててほんまにお気の毒だった。

 

合わせて読みたい(^o^)/

ピースボートの恋愛

2013.07.03

ピースボートの「ウワサ」と「船旅を楽しむ秘訣」

2013.07.03

ピースボート持ち物講座(リスト)

2013.07.03

よく貼れるポス貼り講座~全クリした私が枚数UPのコツを解説!~

2013.07.03