船内の服装&空調

船内の服装

ピースボート民の服装はユルい(笑)

 

基本、Tシャツ短パン。みたいな(笑) シニア~若者まで、どの世代もラフな服装をしてる人が多い。

足元に関しては、ほぼクロックスorサンダル。なので、運動するときにスニーカーを履くときを除き、船内で靴下を使うことはほぼ無かった。

 

船旅の序盤では、皆わりとおとなしめ?の服装をしているのだが、寄港地を経るごとに若者の服装には変化が見られる。

寄港地には、安くて可愛い服がたくさん売っている。なので、こんな服日本に帰ったら絶対着ないだろうなーと思いつつも、皆ついつい買ってしまう。せっかく買ったのなら、すぐに着てみたいと思うのが人間の心理である。

そんなかんじで、若者の服装がどんどんハデになっていくのだ(笑)

 

また、船内の空調に関してだが、77に限らず船に乗った人が口をそろえて言うのは、「船内は寒い」。

私も、思っていた以上に寒かったなーという記憶がある。外のデッキは暑いのだが、船内は24時間クーラーがきいている。クーラーの温度については、各部屋それぞれで調節できるわけではなく、船内すべての部屋が一括調整である。

 

いちおう、各部屋の天井に「小さなでっぱり」?があって、そこを手でくるくる回すと風力が調節できるらしい。←という事実を私は下船する直前に知ったのだが。(笑)

しかし、日本のエアコンみたくリモコンで28度に設定…とかゆー微調整はできず。なので、暑いor寒いと思ったら「服装」で調節するしかないのだ。

 

外は真夏でも、船内は肌寒い。特に朝!

77クルーズは8月下旬に出港し、その日の夜は当たり前のように半袖で寝たのだが、翌朝は寒くて目が覚めてしまった。なので、その日以降、わたしは夜寝るときは半袖のTシャツの上に長袖のパーカーを着て寝ていた。

 

ちなみに、船の布団はけっこう薄くてぺらぺら。8~11月の間、布団の種類は変わらずずっと同じ。無料で毛布を借りることができるので、寒いな、と思ったときは布団+毛布を使っていた。

もちろん寒いのは個人部屋だけではない。公共スペースも、寒いところは寒い。代表的なのは、ブロードウェイ(船内で最大の収容人数スペース)、アトランティック・パシフィック(ミーティングでよく使われる小部屋)。これらの部屋はほんとーに寒かった。半袖で長時間いると震えが止まらない。

 

そんな寒い船内の服装についてのアドバイスなのだが、真夏でも長袖は絶対必須!!!温度調節が簡単にできる服装がBESTだ。

 

基本半袖で過ごし、肌寒いな、と思ったときにさっと羽織れる長袖のパーカー長袖のカーディガンが数枚あるとよい。

また、同じ長袖でも異なる「厚さ」の生地の長袖があると便利。ちょっと寒いかな、と思ったら生地が薄めの長袖。けっこう寒いな、と思ったら生地が厚めの長袖を、みたいな。

 

ただ、一般的に「女性は寒がり、男性は暑がり」なので、個人差があるのでなんとも言えないが…。

真夏なのに船内でダウンジャケットを着てたおばあちゃんもいれば、いかなるときもタンクトップで過ごしてた男の子もいる。

 

自分に合った服装して、風邪を引かないように気を付けよう!

 

合わせて読みたい(^o^)/

ピースボートの恋愛

2013.07.03

ピースボートの「ウワサ」と「船旅を楽しむ秘訣」

2013.07.03

ピースボート持ち物講座(リスト)

2013.07.03

よく貼れるポス貼り講座~全クリした私が枚数UPのコツを解説!~

2013.07.03