世界一周で学んだこと

学ぶ

まず、これは私だけに限らず海外に行った人が口を揃えて言うことだが、日本のことを前よりももっと好きになれた。日本の良さ、日本人である有難さを身に染みて感じた。

 

短期間でたくさんの国に行けば、寄港地同士を比べたりもする。また、「日本生まれ」「日本育ち」の私は、自分でも無意識のうちに寄港地と日本を比較して考えてしまう。

 

もちろん、外国から日本が学ぶべき部分も多いが、世界的に見てこんなにも「平和」があたりまえに存在し、日本ほど治安の良い国はなかなかないと思う。

 

戦争、紛争もない。

常に命の危険を感じながら生活することもない。

 

そして、日本のマナー・サービスの質や生活環境の良さはトップレベル。とよく言われるのは本当。

 

お店に入れば、店員さんが笑顔で接客。きめ細やかなおもてなし。

日常生活でスリに遭うことはめったにない。

落とした財布は持ち主の元に帰ってくる。

 

また、都会・田舎で多少の差はあれど、日本は基本的にどこにでも「キレイな街」が存在している。ここでいう「キレイ」とは清潔でキレイだ、という意味だ。

 

たくさんの国を周って驚いたのは、道端に捨てられているゴミの多さ。これは、発展途上国・先進国にかかわらず共通して言えることだ。比較的良イメージのヨーロッパでも、場所によっては道端がゴミであふれている。

 

国によっては「物乞い」「物売り」の数も多い。観光客を見つけると、待ってました!とばかりに「ワンダラ~(1ドルだよ)」を連呼しながら後をつけてくる。

 

船旅が終盤に差し掛かったころ、太平洋上を航海していたとある朝、朝食の席で隣になったおじいちゃんに、「世界を周ってみて一番衝撃的だったことは何?」と聞かれた。

 

私が、ゴミ、物乞い、物売りの多さを挙げたら、彼は、少しだけ悲しそうな顔をしてこう言った。

「でも、日本だって、昔はそうだったんだよ。」

 

東京オリンピックの前の日本は、街にはゴミがあふれ、物乞いもたくさんいた。

彼の目には、私にとっては衝撃的だったその風景が、昔の日本と重なって見えたらしい。

 

平成生まれの私には、まったく想像がつかない。私は豊かな日本しか知らない。

 

同じ時期に、同じ場所で、同じ景色を見ていても、

その人の生まれ育った時代背景・環境の違いによって、見えてくるもの・感じ方・捉え方は異なってくる。

 

ピースボートの良さは、1000人もの乗客との「出会い」である。

 

船には様々な人がいる。年齢でいうと、下は2、3歳から上は80、90代。十人十色ならぬ、千人千色。船旅中、彼らと直接語り合うことによって、新たな視点を得ることができる。

 

だから、前よりもヒトに対する先入観や偏見がなくなった。これは、1人でバックパッカーとして世界を周る経験では得られないことだと思う。

 

要は、「どこに行くか?」ではなく「誰と行くか?」

 

世界一周なんて、お金と時間さえあれば正直誰でもできる。

歴史的な建造物や広大な自然は、それそのものも素晴らしいと思うが、その場で感動を共有できる仲間がいることのほうがもっと素晴らしい

 

何日も行動を共にすることで初めて見えてくる、その人の価値観。一緒に旅する仲間達から、多くの学びを得ることができる。

 

「旅」は単なる娯楽ではなく、自己成長の1つでもある。

 

最後に、これはピースボート経験者なら分かってくれると思うが、

船旅って正直楽しいことばっかじゃない

 

今でも紛争が続いていたり、貧困に苦しむ地域を訪れたとき、目の当たりにする世界の現状。

とりわけ、私は地球大学(世界の紛争・貧困問題を学ぶ洋上プログラム)を受講していたからなおさらだった。

 

それらの問題はあまりにも規模が大きすぎて、様々な要因が複雑に絡み合い、私みたいな小娘がどんなにもがいても、すぐにどうにかなるようなものではない。

 

「こうしてただ見てるだけで、私には何もできないんだ」と、自分の無力さを痛感する。

 

船旅中、自分がそうやってもやもや悩むだろう、というのは乗船前からなんとなく想像できたので、

既に世界一周を終えて帰国した友人からのアドバイスを受け、私はこう考えた。

 

世界一周した経験を元に、自分が世界で見て、感じて、学んだことを、周りの人たちに伝える。

 

それは、世界を見てきた私だからこそできる、1つの「アクション」なのではないかと。

小さい大きいの違いはあれど、私にだってできることはあるのだ。

 

洋上では、地球大学生の友人数人を集め「世界のジェンダー問題」についてプレゼンした。

帰国後は、大学のゼミで報告会をしたり、ピースボートの説明会で体験談を話したり、地球大学の報告会を行った。

 

パワーポイントや原稿の作成など、準備にかなりの時間を費やしたが、自らの体験談を人に伝えることで、今までアタマの中に散らばりまとまりのなかった知識が自然と整理された。

 

伝えたいことができた。

そして、学びたいことが増えた。

 

勉強は自分の為だけにやるものではない。「知らない」ことで、人を傷つけてしまうこともある。

「優しさ」だけでは人は救えない。

 

この船旅で、日本で過ごしていたら考えもしなかったことを沢山吸収できた。これからの人生において欠かせない経験となった。

 

個人的に、人生で一番良いタイミングで世界一周できたと思う。

社会人になる一歩手前。これからの将来に向けて真剣に考える時期。

 

3ヶ月の船旅を経て帰国した後、私は再び「大学生」に戻った。

普段の生活は、世界一周する前とほとんど変わりはない。

 

見た目に変化はなくとも、中身は成長した…と思いたいが(笑)、やっぱり3ヶ月は短すぎる。

数か月後、数年後に、「あれがあったから今の自分がある」と思えるようになりたい。

 

しかしながら、あんなにいろんな国に行ったのに、旅行欲(?)は衰えるところを知らず、むしろ増していくばかり。

まだまだ先の人生長いわけだし、頑張ってお金貯めて、これからもっとたくさんの国々を旅していきたい。

 

そんな私の将来の夢は、

未来の旦那さん(未定)と、老後にもういちど世界一周すること。

 

合わせて読みたい(^o^)/

ピースボートの恋愛

2013.07.03

ピースボートの「ウワサ」と「船旅を楽しむ秘訣」

2013.07.03

ピースボート持ち物講座(リスト)

2013.07.03

よく貼れるポス貼り講座~全クリした私が枚数UPのコツを解説!~

2013.07.03

1 個のコメント

  • はじめまして。90回南回りを申し込んだもの(60代)です。知りたい情報が満載で大変助かりました。ありがとうございます。90回はイースター島に1日しかいないので、3日くらいいるためにオーバーランドツアー(自主企画ツアー)をandes nippon touristに見積もりを頼んでいます。日本に支店がないので、確定した案で送金して、間違いなく航空券などの書類がいただけるという保障のとり方はどういう方法があるのでしょうか。教えていただけるとありがたいです。また、一緒に乗船した年配の方で、気さくに教えていただける方がいましたら教えてください。一番疑問に持つのはここ5年間毎年3回一周していて、ドックで修理していない点です。飛鳥は年間2回で15年くらいでまだ古くありません。30年たつ古い船で定期的な修理をしなくて大丈夫でしょうか。こちらは年なのでいつ死んでもいいのですが、若い人たちは困りますよね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です